ENJOY THE FRUITS

    趣味で果樹栽培を楽しんでいます。

    水仙が咲き出す

    今日は本降りの雨で寒い一日となりました。あちらこちらで水仙が咲き始めました。 花壇の水仙は今年は花数が少ないです。環境や品種にも寄るのかもしれませんが、水仙も沢山咲いた翌年は花数が減る場合があります。林檎並木の水仙も大分伸びてきました。 間もなく咲き出しそうな株も見られます。 ...
    edit-notes16.png2017.03.26.
    ichiran16.png ⇒ キウイの芽 ▼ キウイの芽

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.03.24.
    ichiran16.png ⇒ 露茜の花 ▼ 露茜の花

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.03.23.
    ichiran16.png ⇒ ポポーの高接ぎ更新 ▼ ポポーの高接ぎ更新

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.03.21.
    ichiran16.png ⇒ 赤花ミツマタ ▼ 赤花ミツマタ

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.03.20.
    ichiran16.png ⇒ スモモの蕾 膨らむ ▼ スモモの蕾 膨らむ

    クリックで
    記事が開きます


     

    水仙が咲き出す

    水仙が咲き出す


    今日は本降りの雨で寒い一日となりました。






    あちらこちらで水仙が咲き始めました。

    DSCN7811_emfjlo.jpg 

    花壇の水仙は今年は花数が少ないです。

    環境や品種にも寄るのかもしれませんが、

    水仙も沢山咲いた翌年は花数が減る場合があります。











    林檎並木の水仙も大分伸びてきました。

    DSCN7809_emfjlo.jpg 











    間もなく咲き出しそうな株も見られます。

    DSCN7808_emfjlo.jpg 




    Guide
     
     

    ピンクレモネードの接ぎ木

    ピンクレモネードの接ぎ木


    伐採したホームベルにピンクレモネードを接ぎました。

    mfjloDSCN7802_e.jpg 











    親木のピンクレモネードがまだ小さな苗木なので穂木がかなり細いです。

    mfjloDSCN7803_e.jpg

    それと直接採取したので、既に芽が動いていました。

    はっきり言って条件はよくないです。

    予定にはなく、思い付きで接いだので仕方ないです。

    活着すれば儲けもの程度にしておきます。



    Guide
     
     

    キウイの芽

    キウイの芽


    キウイの芽が膨らんできました。

    水揚げはまだのようです。




    紅美人

    mfjloDSCN7799_e.jpg 











    МGー06

    mfjloDSCN7800_e.jpg 











    東京ゴールド

    mfjloDSCN7794_e.jpg 





    Guide
     
     

    BKシードレスの植え付け

    BKシードレスの植え付け


    昨年、購入したBKシードレスを地中に埋めていました。

    当地の場合は冬に植えると凍害で枯れてしまう恐れがあるので、

    冬の間は地中に埋めて仮植しています。

    三月も残り僅かという事で、植え付けの為に掘り出しました。

    DSCN7771_emfjl.jpg 

    痛みもなく、元気でした。











    土を落として植え付けに入ります。

    DSCN7773_emfjl.jpg 











    根を放射状に伸ばして植え付けました。

    DSCN7779_emfjl.jpg 

    浅植えでほんの少しだけ根を切り戻しました。











    たっぷり水を与えて、水が引いたら土を足して軽く踏んで土を締めます。

    DSCN7792_emfjl.jpg 

    苗木は切り戻して短くしました。

    仕立て方は一文字の垣根仕立てにするので、

    垣根仕立ての2号ハウスに植えました。











    もう、芽が膨らんでいます。

    DSCN7790_emfjl.jpg 

    最新品種で味も良いとの事で今後が楽しみです♪




    Guide
     
     

    露茜の花

    露茜の花

     
    露茜の開花が進んできました。

    mfjlDSCN7761.jpg 

    昨年の豊作により、露茜にしては寂しい開花です。











    露茜の花はシンプルな感じです。

    mfjlDSCN7762.jpg 











    こちらの画像は2014年の4月5日に撮影した露茜の開花の様子です。

    00j8o.jpg 

    こうして見ますと、この年は綺麗に咲いていますね。











    花数も多いです。

    0100o.jpg 











    こちらは屋敷の外れに植えてある花梅です。

      jlDSCN7739_e.jpg 

     満開になりました。

    元々は小さな盆栽でした。



    Guide
     
     

    ポポーの高接ぎ更新

    ポポーの高接ぎ更新


    今年もポポーの高接ぎを行いました。

    DSCN7723_eytlsbfmfjl.jpg

    この樹は実生樹ですが、年数が経っていますので、

    毎年、結実して収穫しています。

    ですが、実生果は小果で種が多くて品種物と比べると味が落ちます。

    そこで昨年は数ヵ所に品種物を高接ぎしました。

    ちなみに、数年前にデイビスとウェールズを一部の枝に高接ぎしてあります。

    こちらのほうも毎年結実しています。











    下から1、2、3番目の枝は昨年高接ぎをして活着しています。

    DSCN7725_eytlsbfmfjl.jpg

    癒合が悪い為、接ぎ木テープは外していません。

    その他に接ぎ木してある個所は今回高接ぎしたものです。











    上部も枝を切り戻して高接ぎしました。

    DSCN7726_eytlsbfmfjl.jpg 

    昨年までは幹焼けを心配して、

    数年を掛けて徐々に接いで更新しようかと思っていましたが、

    栄養バランスの流れが悪いせいか、日陰によるせいか、

    活着枝の成長が悪いので、今回一気に更新を図りました。

    更新品種はデイビス、ウェールズ、NCー1です。











    高接ぎ更新によって丸坊主になった実生樹です。

    DSCN7727_eytlsbfmfjl.jpg 

    残した枝は授粉用の実生樹の枝と、

    数年前に高接ぎをしたデイビスとウェールズの枝です。

    樹形が崩れましたが、今後、接ぎ木が活着して成長すれば、

    またポポーらしい樹形に蘇ると思います。



    Guide
     
     

    ミラベルと桃の接ぎ木

    ミラベルと桃の接ぎ木

     
    昨年接いだミラベルの苗木は現在も販売していますが、

    植え付け時期もありますので、

    今回の販売は間もなく終了させて頂きます。

    在庫はまだあります。

    ちなみに昨日注文が入ったので本日1本発送しました。






    昨年、接ぎ木した在庫苗木があるので、

    今年のミラベル苗木作りは少しだけにしました。




    こんな感じで接ぎます。

    ytlsbfmfjlDSCN7714_e.jpg

    穂木の芽数は2芽もあれば十分です。

    台木と穂木の接合は片側だけでも良いので、しっかりと形成層同士を合わせます。

    接ぎ木テープは安物で十分で、下から上へ伸ばしながら巻いて行き、

    上まで行ったら、下へ戻るように巻いて下側で結んで留めます。

    ytlsbfmfjlDSCN7721_e.jpg 

    穂木の切り口(頭)には乾燥防止に木工用ボンドか愉合剤を塗っておくと良いです。











    最後に小さなビニール袋を被せて穂木を乾燥させないようにします。

    ytlsbfmfjlDSCN7722_e_20170322194639210.jpg 

    手順としては難しくないです。











    桃の品種更新を行いました。

    ytlsbfmfjlDSCN7757_e.jpg

    黄ららのきわみを伐採してひこばえに黄金桃を接ぎました。

    2本のひこばえを切り戻してそれぞれに接ぎました。

    2本とも活着した場合は後に1本だけにします。

    黄ららのきわみは我が家の黄肉品種の中では一番の晩生でした。

    果実も大きくて糖度も高くて味は一級品なのですが、

    収穫前の生理落果が多かったです。

    収穫手前での生理落果はガッカリします。

    それと豊産性タイプではありません。

    趣味での栽培でしたら楽しめる品種に思います。

    そんな事で、黄金桃に変更して収穫量を安定させたいと思います。

    あまり、ガッカリしたくありりませんので。(笑)

    黄金桃は味が良くて大玉も狙えて栽培し易いです。











    ちなみに無事に活着すれば、1年後にはこんな感じに成長します。

    ytlsbfmfjlDSCN7748_e.jpg 

      剪定してありますので小さく見えますが成長は極めて良いです。











    勢いの良い枝に沢山の花芽が付いています。

    ytlsbfmfjlDSCN7749_e.jpg 











    〇で囲んだ切り口は昨年接ぎ木した箇所で、

    活着して画像の樹と同程度の成長を遂げました。

    それを冬の剪定時に処分して画像の樹1本にしたというわけです。

    この様に成木から発生したひこばえに接ぐと極めて良い成長をします。

    ytlsbfmfjlDSCN7753_e.jpg 




    Guide
     
     

    赤花ミツマタ

    赤花ミツマタ


    今日は久しぶりに本降りの雨の一日となりました。

    そこで農作業はお休みして、とある花木センターへ行って来ました。

    傘を差して散歩気分での植物鑑賞も良いものです。

    いろんな草花や植木があって目の保養には最高でした。

    立派な盆栽も沢山ありました。






    以前より、赤花ミツマタが欲しかったので連れて帰って来ました。

    ytlsbfmfjlDSCN7691_e.jpg 

    良苗にしては手頃な値段でした。

    以前に黄花のミツマタがあって毎年綺麗に咲いていたのですが、

    果樹を植える際に移植したのですが、根付かずに枯れてしまいました。

    ミツマタは沈丁花の仲間なので移植を嫌うようです。

    特に大株の移植は丁寧に行っても高確率で枯れます。

    植え付けたら移植はしないほうが無難です。











    開花はこれからです。

    ytlsbfmfjlDSCN7692_e.jpg 

    黄花も綺麗ですが赤花も開花が進むと凄く綺麗です。












    先日伐採した赤松林の端っこに植え付けました。

    ytlsbfmfjlDSCN7700_e.jpg 

    綺麗な赤花ミツマタ、楽しみです♪




    Guide
     
     

    スモモの蕾 膨らむ

    スモモの蕾 膨らむ


    スモモの蕾が膨らんできました。

    DSCN7687ytlsbfmfj.jpg

    遠くからでも目立つ様になりました。











    昨年数果ほど初生りしたアルプス王子ですが今年は沢山の蕾を付けています。

    DSCN7676ytlsbfmfj.jpg 

    安定した収穫を目指したいです。



    Guide
     
     

    白花のクロッカス

    白花のクロッカス


    白花のクロッカスが綺麗に咲いていたので撮影しました。

    DSCN7666_e.jpg 

    あ~、春だなぁ~ ♪

    そろそろ、鶯が鳴きそうです♪



    Guide
     

    Menu

    画像Clickで記事ページ

    タイトルClickでページ内移動

    検索フォーム

    キーワードで記事を検索

     

    プロフィール

    ホワイトモグタン

    Author:ホワイトモグタン
    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Tree-LINK

    最新記事+コメント

    黒猫時計

    QRコード

    QR

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-