ENJOY THE FRUITS

    趣味で果樹栽培を楽しんでいます。

    太秋の剪定

    成木の太秋の剪定を行いました。 昨年は沢山生り当たり年でした。そのせいで樹が疲れ気味でした。そこで今年は収穫量を減らして樹の回復に努める事にしました。それに合わせた剪定としました。剪定した小枝は短く切り詰めて株元に散らしました。 ...
    edit-notes16.png2017.02.20.
    ichiran16.png ⇒ 太秋の剪定 ▼ 太秋の剪定

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.19.
    ichiran16.png ⇒ 柿の剪定続く ▼ 柿の剪定続く

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.18.
    ichiran16.png ⇒ 柿の剪定始める ▼ 柿の剪定始める

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.17.
    ichiran16.png ⇒ 今日も和梨の剪定 ▼ 今日も和梨の剪定

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.16.
    ichiran16.png ⇒ 和梨の剪定 ▼ 和梨の剪定

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.15.
    ichiran16.png ⇒ ぽろたんの剪定 ▼ ぽろたんの剪定

    クリックで
    記事が開きます

    edit-notes16.png2017.02.12.
    ichiran16.png ⇒ イチジクの剪定 ▼ イチジクの剪定

    クリックで
    記事が開きます


     

    太秋の剪定

    太秋の剪定


    成木の太秋の剪定を行いました。

    DSCN7314_eytlljvjool.jpg 

    昨年は沢山生り当たり年でした。

    そのせいで樹が疲れ気味でした。

    そこで今年は収穫量を減らして樹の回復に努める事にしました。

    それに合わせた剪定としました。











    剪定した小枝は短く切り詰めて株元に散らしました。

    DSCN7317_eytlljvjool.jpg 



    Guide
     
     

    柿の剪定続く

    柿の剪定続く


    今日も柿の剪定を行いました。






    剪定済みの花御所です。

    008_e_201702191938333e1.jpg  

    まだ若木ですが、樹勢が強くて成長が早いです。

    この度、沢山の枝を落としました。

    003_e_20170219193830ce8.jpg 











    剪定済みの夕紅です。

    011_e_201702191938368be.jpg  

    昨年の夕紅は沢山生りました。

    平たい果形でそれほど大きな果実ではありませんが着色、味共に良い品種です。

    栽培も比較的容易に思います。

    幹元に塗られた青白いものはボルドー液です。

    ytlljvjool10.jpg 











    剪定済みのオレンジスターです。

    014_e_201702191939081d4.jpg 

    オレンジスターは大果で味が良いです。

    ですが、果実の先端が割れてしまうという欠点があります。

    昨年は殆どの果実が割れてしまいました。

    まだ若木なので何とも言えませんが、

    裂果は年によるものなのか、若木によるものなのか、割れ易い性質なのか、

    あと数年見ないと分かりません。

    012_e_20170219193835f05.jpg 











    剪定済みの甘秋です。

    005_e_20170219193831e7f.jpg 

    度重なる枝折れのせいで樹形が崩れてしまいました。

    そこで今回、思い切って主幹を切り戻しました。

    そして横に伸びていた第一主枝を強制誘引をして、

    枝を起こして出来るだけ枝のバランスを整えました。

    樹形改造の荒行事です。

    収穫は二の次として、仕立て直しをする事にしました。

    数年かけて、幹と主になる枝を太らせて折れ難い樹にしたいと思います。



    Guide
     
     

    柿の剪定始める

    柿の剪定始める


    今日は一転して寒い一日となりました。

    柿の剪定を始めました。






    剪定後の貴秋です。

    ytlljvjoolDSCN7294_e.jpg 

    数年前から木登りして剪定が出来るようになりました。

    主枝、亜主枝がしっかりしてきました。

    今年は少し樹高を下げて葉張りも詰めました。

    粗削りも行いました。











    剪定済みの若木の太秋です。

    ytlljvjoolDSCN7292_e.jpg 

    背景の樹と重なってしまい、見づらいですが、

    現在は若木に起こり易い、

    果実の重みによる枝折れを防ぐ為に枝の角度を立気味にしています。

    樹の成長に伴い、亜主枝の数を減らしていきます。

    なので、将来的には現在よりも開いてくると思います。

    ちなみに若木のうちから過度に開かせたり、

    生らせ過ぎたりすると樹勢が弱ってしまいます。



    Guide
     
     

    今日も和梨の剪定

    今日も和梨の剪定


    今日も和梨の剪定を行いました。

    梨の成長も早いもので、

    昨年は全ての品種が生り出して味わう事が出来ました。






    幸水です。

    006_eytlljvjoo.jpg 

    幸水は少しだけ年功が経っていて以前から収穫しています。

    以前は別の場所に植えてありました。











    本日剪定した樹は全て3本主枝の開心形です。

    こんな感じで植えてあります。

    004_eytlljvjoo.jpg 

    枝が混み合っても桃の様には枝枯れはしないです。

    徒長枝をメインに剪定をすると、すっきりとした樹形になります。











    剪定済みの”きらり”です。

    015_eytlljvjoo.jpg 

    剪定前は徒長枝で賑わっていました。

    若木ですが生りが良いです。

    大変に美味しい梨です。











    今回、なつしずくは撤退する事にしました。

    早生ながら味が良さそうなので期待していたのですが病気に弱くて栽培し難いです。

    代わりに、愛甘水でも高接ぎして品種の更新をしようかと思っています。

    018_eytlljvjoo.jpg 




    Guide
     
     

    和梨の剪定

    和梨の剪定


    和梨の剪定を行いました。

    本日は立ち木仕立ての剪定を行いました。




    王秋

    ytlljvjooDSCN7250_e.jpg 

    王秋は大果で独特の果形で美味しい梨です。

    病気に強くて栽培は比較的容易な感じです。











    南水

    ytlljvjooDSCN7244_e.jpg 

    南水は一番成長が遅いですが、昨年も数果ほど収穫しました。

    花芽付きは良いです。

    赤梨で果実は柔らかめで糖度が高くて甘みが強いです。











    秋栄

    ytlljvjooDSCN7245_e.jpg 

    幸水と二十世紀を交配した品種で瑞々しくて食感が良い梨です。

    甘みも強いです。











    かおり

    ytlljvjooDSCN7246_e.jpg 

    青梨で大きいものは1kgを超えてきます。

    大きい割には柔らかくて瑞々しくて美味しい梨です。











    下に見えるのが桃壇です。

    この度、解体しようと思います。

    コンパクト樹形を心掛けてきましたが、

    樹が太って来て囲いの中が窮屈になってきました。



    Guide
     
     

    ぽろたんの剪定

    ぽろたんの剪定


    ぽろたんの剪定を行いました。

    低樹高栽培を意識しての剪定を行いました。






    剪定前

    007_eytlljvjo.jpg 

    数年前、移植した時に寸胴切を行いましたので、

    移植前よりは樹高は低くなっています。

    これからは大木にさせない仕立て方にする予定です。











    剪定後

    008_eytlljvjo.jpg 

    勢いの良い枝を部分的に切り戻して勢いの枝を部分的に残しました。

    栗は徒長枝などの勢いの良い枝の先端付近に良い毬が着きます。

    そうした枝を残します。

    弱い切り戻しなら、切り戻した付近にも毬が着きます。

    強く切り戻すと毬が着きません。











    こんな感じで勢いの良い枝を部分的に切り戻しました。

    009_eytlljvjo.jpg 

    細めの枝も強めに切り戻しました。

    こんな感じで切り戻すと、この付近から突発枝が数本発生します。

    後に徒長枝となり、来年の結実枝として使います。

    そして今回の結実枝(画像に写っている太目の枝)を画像の様な感じで来年切り戻します。

    そんな感じで毎年繰り返して結実させる枝の更新を図ります。

    その様にすれば、毎年ほぼ一定の樹高が維持出来ます。

    019_eytlljvjo.jpg  

    画像の三脚は六尺(約、1.8m)なので、3m弱の樹高で管理出来ます。

    このくらいの樹高ならば管理も楽になると思います。



    Guide
     
     

    ブドウハウスの剪定終わる

    ブドウハウスの剪定終わる


    ブドウハウスの剪定とごみ片付けが終わりました。




    1号ハウス

    ytlljvjo001_e.jpg 











    2号ハウス

    ytlljvjo003_e.jpg 











    2号ハウスで育てているブラックビートです。

    ytlljvjo004_e.jpg 

    昨年、味見程度、初生りしました。

    味、着色共に良い感じでした。

    今年は沢山生り出しそうな感じです。











    銀嶺です。

    ytlljvjo006_e.jpg

    こちらは今年が初生りの年になりそうです。

    樹勢は強いです。

    その他にも初生りしそうな品種が幾つかあります。

    どんな味がするか楽しみです。



    Guide
     
     

    垣根仕立て1号ハウスの剪定

    垣根仕立て1号ハウスの剪定


    垣根仕立ての2号ハウスの剪定が終わったので、1号ハウスの剪定を始めました。

    1号ハウスは2号ハウスの樹よりも1~5年位先輩の樹です。

    それでもまだまだ幼木や若木ばかりです。

    1号ハウスでは20品種栽培していますが、なかなか物にならない品種もあります。

    それと、この度、ヒムロッド・シードレスを伐採しました。

    この中のハウスの品種の中では他の品種に比べて見劣りしていました。

    高級品種とは言い難いです。

    元々はゴールドフィンガーのつもりで栽培していたものが、

    品種違いでヒムロッド・シードレスだったので以前より処分しようかと思っていました。






    左端の列は剪定済みでその隣の列は剪定前です。

    005_eytlljvo.jpg 



    Guide
     
     

    イチジクの剪定

    イチジクの剪定


    イチジクの剪定を行いました。






    剪定前の様子です。

    0025_eytlljv.jpg 

    全部違う品種ですが、イチジクは樹勢が強いです。

    剪定をしなければ、夏果が収穫出来ますが、

    どんどん大きくなってしまうので、やはり、剪定せざる得ません。











    剪定後の様子です。

    00t5_eytlljv.jpg 

    イチジクにはあまり力を入れていないので、強めに切り落としました。






    今年は少しでも樹勢を抑える為に肥料は与えない事にします。

    00t7_eytlljv.jpg 








    0t06_eytlljv.jpg 


    Guide
     
     

    くゆらちゃんから疑惑のチョコレートが届く♪

    くゆらちゃんから疑惑のチョコレートが届く♪


    妖怪百面相のくゆらちゃんからチョコレートが届きました♪

    003_e_20170211215911986.jpg 

    箱にはアニメの切手が沢山貼ってありました。

    懐かしいキャラが写っています。






    ブドウやミツバチの切手も貼ってありました。

    ytlljv018.jpg 

    ゆ●かお兄爺ちゃんの幼少時代を描いた記念切手もありました。

    子供の頃から鼻垂れ小僧だったのですね。(笑)

    果実お兄爺ちゃんの話では、

    聖徳太子の生まれ変わりと聞いていますが、とても利口そうには見えません。(笑)











    箱の中には巾着袋が入っていました。

    004_e_20170211215911951.jpg 

    くゆらちゃん手作りの巾着袋のようで、この中にチョコレートが入っているようです。

    以前には手作りのおぼんを頂いた事もありました。

    大工さんの腕前も大したもので大変に器用な方のようです。











    ん゛!?

    何だこれは・・・!?

    ytlljv017.jpg 






    ytlljv019.jpg 

    まさか・・・

    今流行の誠実な妖精を狙った【くゆくゆ詐欺】じゃないだろうな~!?(汗゜)

     









    やっぱりそうだ!!!

    ytlljv014_e.jpg 






    006_e_20170211215912dc9.jpg

    架空請求だ!

    その手には乗らないぞ!

    そうだ!

    犬のおまわりさんに通報しよう!(笑)











    でもよく読んでみると、ギャグメッセンジャーのようで安心したよ♪(汗&笑)

    ytlljv011_e.jpg 











    くゆらちゃん♪

    いつもありがとうございます♪

    宝くじが当たったら、おはじき1個とビー玉2個あげます♪

    たのちみにちていてくだちゃ~い♪ (^^)

    010_e_201702112159136bb.jpg



    Guide
     

    Menu

    画像Clickで記事ページ

    タイトルClickでページ内移動

    検索フォーム

    キーワードで記事を検索

     

    プロフィール

    ホワイトモグタン

    Author:ホワイトモグタン
    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Tree-LINK

    最新記事+コメント

    黒猫時計

    QRコード

    QR

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    健康BMI