ブドウの誘引作業

    ブドウの誘引作業

      
    新梢が伸びてきたので、誘引作業を行いました。
     
    07rerppp.jpg  

     










    誘引しながら、ゴルビーの花穂の着き方に驚きました。

    007rerppp.jpg

    30cmにも満たない、か細い新梢に立派な花穂が2、3房も着いていました。

    そのせいか、伸びの悪い新梢が目立ちます。

    09rerppp.jpg 











    それでも伸びの良い新梢に着いている花穂は明らかに大きいです。

    010rerppp.jpg 

    花穂整形やジベ処理を行うと、どの様な感じになっていくのか楽しみです。











    垣根仕立ての昭平紅です。

    003rerppp.jpg 

    今年は、花穂の見られない新梢が目立ちます。

    旺盛な新梢なのに不思議です。

    短梢剪定には不向きの品種なのかもしれません。











    こちらは、棚下で育成中の苗木達です。

    008rerppp.jpg 

    この苗達は、来年に新しいハウスに移植する予定です。











    鉢物行灯仕立ての樹も伸びてきたので誘引しました。

    009rerppp.jpg 

    立っている新梢をそのまま下げると、付け根から欠けてしまうので、

    捻枝をしながら誘引しました。

    012rerppp.jpg 











    花穂の着いている樹は、観賞用として自宅の軒下に移動しました。

    014rerppp.jpg 


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    凄いですね~。上で誘引、下で垣根、軒下は行燈仕立て。見応えがありますね。ぶどうの花穂も立派なら新枝も半端ないです。私は秋の収獲時期にはレジでポチっと注文をします。楽しみにしていますよ~。(笑)

    ハウスの中は遅霜の心配は入りませんね。
    ゴルビーは難しいぶどうと聞きますが花穂も個性がありますね。
    この難しさを克服しますと相当なぶどうになりそうです。
    ぶどうも植物で上を向きたがりますね。花穂も捻枝、誘引枝も捻枝。私の頭と言うと捻りが全く足りてません。
    秋には昭平紅・ゴルビーの大房を見せて下さい。

    Re:Reveilleさん

    こんばんは。
    今の時期は果樹の管理が大変です。
    ブドウも誘引は済ませましたが、これからは、花穂の整形、ジベレリン処理、摘心、摘粒など沢山の作業が待ち構えています。
    現在は数品種のみの収穫になりますが、数年後には、いろいろな品種が収穫出来ると思います。
    了解しました。
    今年収穫出来ましたら、よろしくお願いします。(^^)

    こんにちは♪

    果樹に係わってから、いろんな専門用語がでてきますね。
    国語辞典には載っていない・・・・・

    ‘捻枝’もまた・・・・・^^
    怖くて捻れないので行燈は諦めました。
    (早っ!?)とお思いでしょうが・・・・・・笑

    ゴルビーは美味しい葡萄です。
    大粒の実が押し合い圧し合いしています。
    摘粒が難しく大変そうですね。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    このハウスの中のブドウも一部凍害に遭いました。
    棚の樹は大丈夫だったのですが、垣根仕立ての樹高の低いもので萌芽の早かったものは、やらてしまいました。
    側面から寒風が入ってしまったようです。
    ゴルビーは非常に花穂の着きがよいです。
    その為、かなり摘み取りました。
    確かに難しそうな品種に思います。
    大粒の品種は、大房にすると上手くいかない場合が多いように思います。
    分かってはいるのですが、ついつい欲張って大房にしてしまいます。(^^:)
    これを如何やって乗り越えるかですかね。
    日本一の果実さんは、捻枝すると首が360度回るそうですね。
    前世はフクロウだったのかもしれませんね。笑

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    確かに果樹用語は国語辞典には載っていないものが多いですね。
    でも現在は、便利なインターネットで直ぐに調べられますね。
    くゆらさんの行灯仕立ては、これでもかっ!というくらい捻りまくっているものと思っておりました。笑
    捻りまくり過ぎて捻枝ではなく、捻死にならないようにしてください。(^^:)
    お手柔らかに行ってください。(^^)
    ゴルビーはどうなりますかね。
    確かに難しそうな品種に感じます。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索