ブドウの緑枝接ぎ

    ブドウの緑枝接ぎ

     
    今日は梅雨らしく、本降りの一日となりました。

    そこで、雨でも出来る作業として、

    ブドウの花穂の切り込みや緑枝接ぎなどを行いました。
     





    昨年、7~8月に掛けて緑枝接ぎを行いました。

    本来なら、5~6月が適期なのですが、

    苗木の生育状況により、遅らざる得ませんでした。

    しかし、 活着率はどの品種も良好で、殆どが活着したのですが、

    露地で管理していた欧州系統の品種は、

    冬の間に全て枯れてしまいました。

    活着すると、凄い勢いで伸びるのですが、

    秋雨で病気に罹ってしまい、

    更には完全に登熟しないまま、冬に入ってしまうので、

    結局は、冬の間に枯れてしまったようです。

    しかし、欧米雑種系統は、殆どの品種が露地植えでも芽吹きました。

    その為、今年は、欧州系統は、ハウスの中で緑枝接ぎをする事にしました。

    落葉後には苗木を掘り取って、地中で保存しようと考えています。

    001rerfz.jpg













    こちらは、昨年に接いだ緑枝接ぎの苗木です。

    004rerfz.jpg 

    黄玉、紅伊豆、安芸クイーンなどの欧米雑種系統です。

    7~8月に接いで、それぞれ2~3mくらい伸びました。

    冬の剪定時に短く切り戻しましたので、現在はこんな感じで成長しています。











    紅伊豆です。

    005rerfz.jpg 

    台木は5BBですが、完全に台負けしています。

    来春に移植する予定です。


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    欧米雑種系、欧州系の品種の性格を熟知しての
    栽培管理があるようですね。
    欧州には日本の梅雨のような気候もありません。
    日照時間も違います。
    不思議なことに山梨県の日照時間が長いというのも
    ブドウの栽培に適した地域ということなのでしょうか?

    いよいよ、ぶどうに手を出してしまったことに後悔しそうです^^

    先日5BBに蕾が付いているのに気付きました。
    5BBもぶどうでしたね。
    いかにも小さな実を付けそうな雰囲気がありますね。

    『登熟』。これは大きなポイントです。
    私の場合、昨年の緑枝接ぎは0勝30敗でしした。時期が遅れますと最後には枯れてしまいます。
    良~く勉強させて貰いました。
    6月。このあたりが一番良さそうです。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    ブドウは品種が多いですが品種ごとの特徴も様々です。
    品種によっては、同じ遣り方が通用しない場合もあります。
    欧米雑種は、欧州系統に比べると病気に強いので栽培し易いと思います。
    欧州系統は、上級者向けですね。
    雨避けをしないと直ぐに病気に罹ってしまいます。
    仰るように、ブドウは雨が大敵です。
    病気の多くは、雨によって感染します。
    雨避けをすれば、栽培し易いのもブドウの特徴です。
    いろいろと遣り甲斐のある果樹に思いますので、そんな事を仰らずに頑張って栽培してください。(^^)

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    5BBもブドウですから花穂が着くでしょうね。
    モノは試しに生らせてみてください。

    緑枝接ぎには、活着する為に、ちょっとした秘訣があるのですよ。(^^)
    それが分かってないと活着率が悪いかもしれません。
    以前に植原ブドウ研究所の社長が電話で仰っていましたが、欧州系統の苗木を露地で育成するのは難しいそうです。
    プロの業者でさえ、失敗する年もあるそうです。
    例のマリオなどは良い例です。
    なので、欧州系統の苗木の育成にも雨避けが無難に思います。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索