露地栽培のスチューベン

    露地栽培のスチューベン


    露地栽培のスチューベンです。

    urtlkioi013.jpg 

    現在は生い茂っていますが、

    このスチューベンも春先の異常気象で調子を崩しました。

    眠り病のような症状になってしまい、枝の半分近くが芽吹きませんでした。

    どうも暑い寒いが交互に来るのが良くないみたいです。












    その為、今年は目で数える程度の房数です。

    urtlkioi011.jpg 











    この場所の土壌は粘土質で果樹栽培には不向きの場所なんですが、

    元肥が効いているのか、スチューベンの樹勢は強いです。

    urtlkioi006.jpg 


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    露地栽培の葡萄が元気そうですね。
    条件の悪い気象・栽培土壌でも
    立派に生らせてしまうところが
    自称:ホワイトジャックさんなのでしょう!

    また、大きな葉っぱが傘に
    なってくれていることがいいのでしょうか?
    立派な房です。

    ‘畑に生きる革命児’野菜一筋
    プロフェッショナル仕事の流儀を観ています。
    (だから・・・こんな時間^^)

    困難な栽培に挑む異色の野菜農家・浅野悦男さんと
    ホワイトモグタンさんが重なります。

    ホワイトモグタンさんは果樹一筋、頑張ってください!

    スチューベンの良さは栽培のし易さと糖度。
    実は小さいのですがこれを補ものがあります。
    今年育成中のスチューベンがありますが樹勢は強いですね。
    雨避けが無く、用土が良く無い場所にはお勧め品種かもしれません。

    今年ホワイトモグタンさんのスチュベンの下半分をチョッキンしたものを収穫します。
    大きな房はお任せして、私は小物をしっかり狙って行きます。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    ホワイトジャンクさんとでも呼ばれるかとハラハラしました。笑
    このスチューベンを栽培している場所は粘土質なんですが、ラビットアイ系統、ハイブッシュ系統のブルーベリー、イチジク、リンゴ、ポポー、カキ、ビックリグミなどが犇めき合うように植えてあります。
    しかし、生育は皆良いです。
    不思議だと思いませんか!?

    ‘畑に生きる革命児’の浅野悦男さんですか。
    そして‘夜分遅くに起きている大公女’のくゆらさんですね。(^^)
    ‘眠い目を擦り、畑に行ったつもりが田んぼだった大ボケ児’のホワイトモグタンです。笑

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    我が家のスチューベンは、完全露地栽培でもこれといった食害に遭った事がないです。
    生い茂っているので気付かれないのでしょうかね?
    様々な土壌に適して病気にも強いのは山葡萄の仲間だからでしょうかね。
    我が家のは小房なのでチュチューベンです。笑

    す、凄過ぎです・・。
    私、こんな立派なスチューベンは見たことがありません。^ ^
    この品種は極甘で大好きです。
    例年の色付きと、今年の予測はそれぞれ何月頃ですか?

    Re:Reveilleさん

    こんばんは。
    Reveille さんが大好きなスチューベンです。(^^)
    スチューベンは小粒で種もありますが甘くて濃厚な味がしますね。
    人気の高い品種です。
    色着きは連年ですと、8月の上旬頃から始まります。
    今年もその頃からだと思いますね。
    収獲は9月に入ってからになります。
    日持ちも凄く良いです。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索