リンゴの除袋

    リンゴの除袋


    ニュージョナゴールド、選抜やたか、ふじの除袋を行いました。






    画像はニュージョナゴールドです。

    002iopie.jpg 

    大分落果しましたが、まだこれだけ残っています。

    ちょっと目を放した隙に毛虫に葉っぱを食べられてしまいました。

    そのため、丸坊主のようになってしまいました。(汗)

    今の時期の毛虫は食欲旺盛で成長が早いです。












    こちらは反対側から撮影しました。

    022iopie.jpg 











    こちらは西南から北東の方向を見た様子です。

    004iopie.jpg 

    葉の殆どが毛虫に食べられてしまいました。

    気付いた時には毛虫の姿はありませんでした。











    こちらは選抜やたかです。

    007iopie.jpg 

    この樹はM9台を使用しているので凄く華奢です。

    土地も痩せているので尚の事幹太りしないです。

    この品種は極早生のぶじになります。

    極早生にしながら美味しいリンゴです。











    こちらは裏側から見た様子です。

    018iopie.jpg 











    こちらは西南から北東の方向を見た様子です。

    008iopie.jpg 

    今年は落葉が酷くて玉太りが悪いです。











    こちらはふじです。

    015iopie.jpg 

    今年のふじは選抜やたかよりも色着きが良いです。

    やたかより玉も大きいです。

    幾つか収獲して食べてみたところ、既に甘くなっていました。











    こちらは西から東を見た様子です。

    013iopie.jpg  

    過去に病気に罹って枯れそうになった年もありました。

    ここまで復活してくれただけでも良しとしたいです。











    静香は殆ど落果してしまいました。

    031iopie.jpg 

    画像の大半が静香です。

    我が家の静香はマルバ台なので樹勢が強いです。

    初夏の頃に、コンパクトにしようと剪定をしました。

    すると、その後に旺盛に伸びました。

    剪定をしなければ、もっと暴れてしまいます。

    今頃になって二次伸長も見られ余計に暴れています。

    落果の原因の1つにはそれも関係しているのかもしれません。

    旺盛に伸びようとする樹をコンパクトに維持するのは難しいです。

    やはり、マルバ台なら広々とした場所での大木栽培が理想に思います。


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    こんにちは♪

    たくさんの収穫ですね、
    除袋した林檎たちの色付きも楽しみですね。

    しかし、仰っていることも理解の範疇を超えています。
    まだ、未知の世界ですね。

    台木、樹勢にあった栽培方法・・・・
    これもそれぞれの樹で経験しないと見えてこないことですね。
    大変です。

    NoTitle

    葉っぱの無くなったりんごは、うまく色づくのでしょうかね。恐るべし害虫ですね。
    家もせとかが丸坊主になってしまい幼果を落としてしまおうか迷っております。
    ふじの色づきも良くなってきていますね。私も、もう少し除袋を早目にしておけば良かったと反省しております。
    静香の落果多いですね。つがるのように落果し易い品種なんでしょうか?

    NoTitle

    リンゴも実生が一番大きくなりますね。
    スーパージヤンボ。車ではありませんが。
    リンゴも1日1個食べるのが理想です。
    これだけ生れば完璧ですが管理も大変ですね。

    リンゴも生らせ過ぎの翌年は影響がありますか。
    今年摘果した積もりでしたが実が大きくなるにつれヤバイと思えて来ました。
    摘果はやり過ぎくらいが丁度良いのかもしれませんね。



    NoTitle

    緑色のリンゴですか~

    葉が毛虫に食べられたのですね~実に影響なければ良いですが、木にも・・ね~

    林檎の木をこうして見ることが出来るなんて嬉しいです~何かイイですね~(^_-)-☆

    Re:くゆらさん

    こんにちは。
    林檎は袋掛け除袋が面倒ですが、たわわに実った林檎の樹は何ともいえぬ美しさがあります。
    まるでくゆらさんを見ているかのようです。 (^^)
    目の保養に最高です。
    同じ『みている』でも診ているとは違います。笑
    果重栽培は教本通りにはいかない事が多いので、
    実際に自分で確かめるのが一番だと思います。
    ただ植えているだけでは何も見えてきませんので、
    失敗を恐れずにいろいろと試してみると、いろいろな事が見えてきます。
    そうした事が経験となって実践に役立つようになります。

    Re:桃太郎さん

    こんにちは。
    蚕さんと同じで毛虫の食欲ぶりには驚かされます。
    あっという間に葉っぱを食べ尽くされ、2~3日で数倍の大きさに成長しますね。
    せとかという事はアゲハの幼虫でしょうか?
    あいつらも大食漢ですね。
    柑橘類の近くにアゲハが飛んでいるのを見かけますが、
    そんな時は卵を産みに来ているので要注意ですね。
    林檎は一日の気温差があるほど良い色に仕上がりますね。
    こればかりは地域によって違いますので、思うようにはいきませんね。
    我が家の静香を見ていると、つがる以上に落果し易いです。
    樹勢は新梢が太いので元々旺盛な性質なのかもしれません。
    更に旺盛な台木に接いであるので、余計に暴れ易いのかしれませんね。
    矮性の強い台木に接げば大分違うのではないかなと思います。

    Re:日本一の果実さん

    こんにちは。
    日本一の果実さんは実生から育てるのが得意なので、林檎も実践されてみては如何でしょうか?
    変わったのが誕生するかもしれません。
    最近は林檎ばかり食べています。
    時期によって、桃を食べたり、林檎を食べたりと忙しいです。笑
    特に林檎は生らせ過ぎると翌年裏年に生り易いです。
    コンパクト樹形だと特に弱り易いです。
    それと若木に生らせ過ぎると新芽が動かなくなります。
    かなり弱りますので若木の生らせ過ぎは特に禁物です。
    実際に試してよく分かりました。
    仰るように、摘果し過ぎくらいで丁度良いと思います。

    Re:甘姫さん

    こんにちは。
    これから徐々に赤く色着いていきます。
    でもニュージョナゴールドは薄っすらとしか色着かないです。
    たわわに実った林檎の樹は目の保養に最高です。(^^)
    最近は毛虫が大量発生しているので、
    そちらのプルーンの樹も頻繁にチェックしてください。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索