2年前に胴切りした柿の木

    2年前に胴切りした柿の木


    今日は天気が悪かったですが如何にか一日持ちました。

    丁度仕事が終わったと同時に雨が降って来ました。






    2年前に柿の枝を下ろしてほしいとの依頼があって胴切りした柿の木です。

    iooco026.jpg 

    殆どの枝を下ろしたのですが、

    2年でご覧のような樹姿になっていました。











    胴切りした箇所から多数の徒長枝が発生しています。

    iooco043.jpg 

    半渋で美味しくない柿との事ですが、かなりの古木です。









    この場所は急カーブになっています。

    iooco030.jpg 

    柿の木の持ち主のお宅の門道(画像左)も、

    見通しが悪いので出入りするのが怖いです。

    特に出て行く時の右折が怖いです。

    画像を見れば想像が付くと思います。

    一応カーブミラーがあるのですが、

    今の時期は凍っていて見えない時があります。(汗)

    運転者もこんな場所から急に車が出てきたらビックリすると思います。

    正に交通安全のビデオの再現のような場所です。(汗)

    余談になりました。

    枝下ろし依頼の理由は道路上に枝が大きくはみ出していたからでした。

    万が一折れて通行止めになってしまったり、

    それが原因で交通事故が発生したりしたらと思うと眠れないとの事でした。

    柿の実も路上に結構落ちたそうです。

    ですが、ご覧のような急カーブで見通しが悪いので

    作業をした私としてもとても遣り辛かったです。

    しかもこの道路は車の通りが激しくて飛ばして来る車が多いです。

    大型車の通りも多くて本当に怖かったです。

    正に魔のカーブだそうで、既に何度も事故が起きているとの事でした。

    そんな場所なので、ご主人と近所の叔父さんに、

    交通誘導と枝の片付けを手伝ってもらいました。

    そのご主人ですが、今年の8月に心筋梗塞で急死してしまいました。

    過去に二度ほど心筋梗塞で倒れた事があるそうで、

    今度なったらアウトだと言っていたそうです。

    このご主人は植木いじりが趣味だったので庭は植木だらけです。

    そんな事で、今回奥様から庭木の手入れを頼まれました。

    2年前に柿の木を切りに来た時に、

    ご主人からも俺ももう歳だから、

    手入れが出来なくなったら頼みます、なんて言われましたが、

    2年後にこんな形で頼まれるとは思ってもいませんでした。











    お隣宅のビワの木です。



    iooco012.jpg

    これも相当の大木です。

    画像からでは伝わらないかもしれませんが実物は相当の大きさです。

    毎年凄い数の実が生るそうです。

    iooco014.jpg

    この辺りは過疎化が進んでいますが、

    ご年配の方は凄い方ばかりです。

    何気なしに東大を受験したら一発で合格した方、

    農業高校から明治大学に進学した方、

    小学校しか出てないのに猛勉強して、

    検事になった方とか頭の良い方ばかりです。

    中にはおばあちゃんの格好をしたおじいちゃんや、

    市松人形を背負って、

    サンタの帽子をかぶったおじいちゃんなんかもいます。(笑)

    兎に角、凄いところです。

    世の中、広いです。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    凄い量の果樹栽培をされている方も見えますので、やはりその辺りは凄いのでしょう。
    当地はいたって平凡でつまらない場所です。

    家は県道沿いでこれまでにヘビや猫が踏まれました。
    飛出し注意ですが彼らには分かっていなかったようです。

    果樹の大木も問題ですね。
    家の果樹も私の後どうなるのでしょう。
    きっとすぐに切り倒されます。
    それまでは頑張りたいと思います。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    この地域は日本一の果実さんがご存知の場所かもしれません。
    この前は変な話をあるお爺さんからお聞きました。
    そのお爺さんのお父さんが昔、さつま芋を保存しようと庭の隅に穴を掘っていたら人間の頭蓋骨が出てきたそうです。汗
    だめだこりゃ~とか言いながらビックリもしないで埋め戻したそうです。
    調べてみると昔、墓があった場所だったそうです。
    田舎のほうはそういう場所が多いです。
    最近は人間も確認しないで飛び出す人が多いですね。
    つい先日には真っ暗な夜道を真っ黒い服を着て逆走して散歩しているおばあちゃんを見かけました。
    本当に危険です。

    何事も興味がないものにお金は掛けたくないですね。
    特に庭木などは良い例です。汗
    家族といえども興味の有る無しがはっきりしているお宅が多いですね。

    こんにちは♪

    寒さの中、連日のお仕事、ご苦労様です。
    それぞれのお庭や果樹の樹のお手入れは
    依頼主さんの思いも受け止めて大変ですが
    がんばってください。

    過疎の地域に若い人が入って
    継いでくれるといいですね。
    凄いおじいちゃんやおばあちゃんに感化されて
    いい若者が育つかもしれません^^






    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    元気だった方が急に亡くなるのは辛いですね。
    奥様も1ヵ月間は何もする気になれなかったそうです。
    亡くなられたご主人は几帳面な方でして、亡くなる前日まで数十年毎日日記を付けられていたそうです。
    私も拝見させて頂きましたが、本当に亡くなる前日まで付けられていました。
    一人で草刈に行って倒れたそうですが、こうした亡くなり方は故人もご家族も悔いが残るでしょうね。
    本当はこのお宅のお庭をお見せしたいのですが、プライバシーの関係でお見せ出来ません。
    結構造り込まれた庭木が沢山あります。
    それでも何十本も処分したそうです。
    田舎の過疎化は目に見えて分かりますね。
    やはり、農業は大変な割には儲からないし、勤め先も無いからだと思います。
    お人形を背負った御爺ちゃんでも紹介しましょうか?(^^)
    くゆらさんに相通ずるものを感じました。笑

    NoTitle

    私の家も三枚目の写真のようなカーブで見通しの悪い下り坂にあります。道路を横切るには本当に危険です。道路を渡り切るまでに車が目前まできてしまいます。父は道路を渡っていて車に跳ねられて亡くなりました。運転手の前方不注意でした。
    その道は通学路になっており学童が横断しなければならないので、私は毎朝黄色い旗を持って学童を見送るのを日課としております。そのお陰で早寝早起きとなり規則正しい生活ができてます。(笑)
    私も一昨年、見通しが悪いので道沿いの柿の木を切り倒しました。

    Re:桃太郎さん

    こんにちは。
    今日は冷たい雨が降っているので手入れは休みです。
    お父様が交通事故で亡くなられたと以前にもお聞きしましたが、本当に残念な亡くなり方でしたね。
    自動車を運転する時は常に気をつけないといけませんね。
    先日隣り町で自転車とぶつかった人が亡くなった事故がありました。
    どちらかといえば自転車は怪我するほうかと思っていましたが、
    人の命を奪ってしまう凶器になってしまう事もあるようです。
    歩行者も歩行者なりに気をつけないとなりませんね。
    最近は運転者も歩行者もお年寄りが増えているのでより一層気をつけないとなりませんね。

      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索