ワイン用品種の剪定

    ワイン用品種の剪定


    ワイン用品種の剪定を行いました。

    025ireipoppi.jpg 

    垣根仕立てで育てています。

    昨年植え付けたのでまだまだ幼木です。

    剪定、誘引もあっという間に終わりました。











    ポットレッドワンも同じように垣根仕立てで育てています。

    027ireipoppi.jpg 

    こちらも蔓が細いので剪定すると目立たなくなります。











    近くで見るとこんな感じです。

    028ireipoppi.jpg 

    蔓の先端は垣根の端近くまで伸びています。

    今年は何房生るでしょうか?











    先日剪定、誘引を済ませた巨峰ですが、

    枝が少し多過ぎる気がしたので、ほんの少しだけ修整しました。




    修整前

    14ireipoppi.jpg 











    修整後

    073ireipoppi.jpg  











    修整前

    016ireipoppi.jpg 











    修整後

    021ireipoppi.jpg 

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
             
    竹取物語  ←竹取物語 【2014年02月】の更新記事一覧 →柿の剪定  柿の剪定
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    垣根仕立ては
    本場のワインブドウの仕立てのようでお洒落ですね。

    その一画を切り取って
    北関東のプロバンスの風景を拝見できるのを
    楽しみにしています^^♪

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    ワイン用の品種というと生食には不向きと思いがちですが、
    実際にはとても濃厚な味がして大変美味しいです。
    生食用品種は糖度ばかり高くて酸味が感じない品種が多いですが、
    ワイン用の品種は酸味も楽しめる品種が多いです。
    香りも良いので人によっては大変美味しく感じると思います。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索