徹底検証!マメナシにビワは接げるのか?

    徹底検証!マメナシにビワは接げるのか?


    予報通り、本日は春本番を思わせる暖かな陽気に恵まれました。

    週間天気予報を見ると、

    この先過度が冷え込みにはならないようなので、

    本日より接木を始める事にしました。




    先ずはビワの接木です。

    当地の場合、ビワの接木は今が適期です。

    来月になるとガクンッと 活着率が落ちてしまいます。

    しかし、今の時期は寒暖の差が激しいので、

    暖かい日が続いてから氷点下5℃以下にもなってしまうと、

    穂木が枯れてしまいます。

    なので、屋外でのビワの接木は運も見方しないと上手く行きません。

    鉢上げして室内での管理なら容易に活着します。






    今回はちょっとした実験を兼ねての接木になります。

    ビワの台木は通常、ビワの実生苗を使うのですが、

    マルメロ台も利用出来るような事が教本などに記載されています。

    前々からマルメロに接いでみたいと思っていたのですが、

    今年は台木の容易が出来ませんでした。

    そこでマメナシでは如何かと思い、この度実験してみる事にしました。

    穂木は一昨年の春に接いだ鉢物の大五星と早五星を使う事にしました。

    irtrec017.jpg

    右が大五星で左が早五星です。

    どちらも同じような成長をしていますが、

    若干、早五星のほうが葉っぱが大きいです。











    台木はマメナシです。

    irtrec018.jpg 

    昨年挿し木した余剰苗を用います。











    それぞれ1本ずつ接ぎました。

    irtrec019.jpg 

    ビワの接木は手際よく接がないと活着率が落ちるので、

    接いでいる最中の画像は控えました。

    刃物で削った感触は、マメナシもビワも堅くて似ていました。











    鉢に植えて袋を被せて室内で管理します。

    irtrec036.jpg

    これで 活着したら、今後の台木作りが楽になります。

    しかし、梅は桃やスモモの台木に容易に活着して一時的によく伸びますが、

    その後は衰弱して最終的には短命に終わります。

    その為、今回の実験も長い目で見ないと分かりません。

    その前に活着しないとなりませんが。











    昨年寸胴切りをした大木実生ビワの樹です。

    irtrec022.jpg 
     
    ビワは何処から切っても胴吹きし易いようです。

    葉っぱが赤くなっているのは凍害に寄るものです。

    特に徒長し過ぎて登熟仕切れていない枝に被害が目立ちます。

    枝は生きています。

    irtrec023.jpg 











    これらの樹にも数本接いでみました。

    irtrec028.jpg 

    こちらは露地なので運も味方しないと 活着しないと思います。

    如何か冷え込みませんように・・・!

    irtrec029.jpg 











    先日伐採したリンゴの静香に段接ぎを行いました。

    irtrec030.jpg 

    幹基に矮性品種のJM7を接いで更にJM7に静香を接ぎました。

    幹が太いので3本接ぎました。

    JM7が長めなのは品種の特性である矮性を生かす為です。

    3本共に活着すれば、

    切り口の癒合が早まるので良いのですが如何なりますかね。

    幹の切り口にはトップジンMペーストを塗りました。

    そして癒合剤が乾いてから切り口を黒マルチで覆いました。











    袋を被せて乾燥を防ぎます。

    irtrec035.jpg 

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
             
    枝の誘引  ←枝の誘引 【2014年03月】の更新記事一覧 →せとかは美味い  せとかは美味い
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    こんにちは♪

    今年は台木の用意が(容易に)出来なかった
    ・・・・と理解してよろしいでしょうか^^

    まさか、「掛詞だよ」とは云わないで下さい(笑)

    不思議ですね。
    マメナシとビワですか?

    今日、植物園でビワの葉っぱだ・・・と思って
    見ていたら、黄色の椿でした。
    あんなに細長くて大きな葉っぱの椿もあるのですね。

    こちらの落葉ビワは落葉したままです。
    花芽がついていたのも毛虫が食べました。
    どんだけ食欲旺盛なのでしょう><

    接木の成功を祈ります。

    NoTitle

    私もガクンガクンであります。
    つっかえてばかりで。

    面白い接ぎ木をされましたね。
    以前リンゴの二段接ぎ挿しをしたことがあります。
    桜桃は失敗しましたが、リンゴは何とか。
    ただ今回のように太い台木の二段接ぎは難易度が高そうですね。

    ビワの矮性化が実現出来れば良いのですが。
    マメナシも注目ですね。
    私は昨年の秋にビワの接木を終えました。
    ただ秋接ぎは寒冷地ですと冬越しが難しいかもしれませんね。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    今日は心地のよいぽかぽか陽気になりました。

    >今年は台木の用意が(容易に)出来なかった
    ・・・・と理解してよろしいでしょうか^^

    なんじゃそら~?笑

    ワタシ、ニホンニタイザイシテマダイチネンアルヨ~
    ニホンゴムズカシイアルネ~汗

    マルメロも我が家にあるのですが昨年挿し木するのを忘れました。
    直接マルメロに高接ぎしてみようかとも考えましたが、
    私はキカイダーは好きではないので止めました。(^^:)
    落葉樹と常緑樹でも近縁の仲なら活着するようです。
    タイサンボクとコブシは相性がよいので、タイサンボクの台木にコブシが用いられます。
    マメナシとビワの相性は如何でしょうね。
    くゆらちゃんとくゆらさんは相性バッチリと思いきや、意外と相性が悪かったりして・・・笑
    くゆらちゃんとくゆらばあちゃんなら相性バッチシかもしれません。
    泣くのと寝るのが仕事の乳呑み児くゆらは分かりませんです。笑
    そんな事でこればかりは試してみないと分かりませんね。

    >こちらの落葉ビワは落葉したままです。

    まあ~可哀相に~ 
    本当はくゆらさんがストレス解消の為に毟ってしまわれたのでは!?汗&笑
    今年はこまめにチェックして常緑樹に戻してあげてください。(^^)

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    リンゴの接木は、くゆらちゃんの3歳のバースデーケーキのようにも見えます。笑
    なけなしのお金をはたいて安物のケーキを買いました。笑
    安物なのでイチゴは乗っかっておりません。汗
    ロウソクに火が点らなかったら、くゆらちゃんに怒られそうです。汗

    ビワの接木は本当はマルメロで試してみたかったです。
    以前に調べてみましたら、ビワ以外の台木で試されている方はいませんでした。
    なので今回、自分で試してみる事にしました。
    当地のような寒冷地では秋の接木は無理ですね。
    そちらの御家芸に思います。(^^)

    NoTitle

    へ~
    接木ですか。
    いろんな台木についで
    それが大きく成長していく。
    不思議ですね~

    Re:バドさん

    こんばんは。
    初めに接木を考え出した方は凄いですね。
    接木によって栽培の視野が広がります。
    ここはお一つ、バドさんも覚えられては如何でしょうか?(^^)

      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索