ブルーベリーの品種更新

    ブルーベリーの品種更新


    今日は当地でも気温が19℃まで上がりました。

    今年一番の暖かさで、半袖でも過ごせるくらいの陽気になりました。

    遠くでは鶯が鳴いていました♪






    ブルーベリーの接木を行いました。

    001irtrecrio.jpg 

    品種不明の大株を切り戻してスパルタンを接ぎました。

    株が育っていたので、鋸で台切りしました。

    台木が堅くて切り込むのが大変でした。











    台木と穂木の形成層を合わせて絶縁テープで巻きました。

    003irtrecrio.jpg 

    切り口には癒合剤を塗って雑菌侵入と乾燥を防ぎます。











    最後にビニール袋を被せて高温多湿にして管理します。

    006irtrecrio.jpg 

    こうした大株に数本接いで活着してくれれば、

    短期間で大株のスパルタンが作れます。











    紫花のクロッカスが綺麗に咲いています。

    007irtrecrio.jpg 

    クリスマスローズも大分咲いて来ました。











    水仙の蕾も膨らんで来ました。

    008irtrecrio.jpg 

    本当に今日は春らしい、ぽかぽか陽気の一日でした。
    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    クロッカスに水仙にクリスマスローズ。
    先日どこかで見た光景です。(笑)
    最近のはやりでしょうか。
    この前は水仙が長く繋がってました。

    スパルタンに夢中ですね。(笑)
    やはり味に定評があるスパルタン。おいしいのでしょうね。
    太い台木に細い穂木。
    今年の傾向でしょうか。
    技があれば何でも出来ます。
    下から元気なシュートも出て来そうですね。
    今年中に大株のスパルタンを作って下さい。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    花の開花や挿し木、接木の時期など、こればかりは如何しようもないですね~ 笑
    真似してるわけではないのですが、
    如何しても暖地の方に前へ倣えになってしまいます。(^^:)

    スパルタンは酸味が少なくて大変甘い品種で人気がありますが、
    ブルーベリー農家の方は美味しい品種の第1位には殆ど取り上げないですね。
    それは酸味が足らないからだと思います。
    プロの方は、風味、酸味、甘みが揃って美味しいと感じるのでしょうね。
    オマケに大粒で日持ちが良ければ尚の事いいですね。
    ただ、スパルタンは美味しいのは確かです。
    酸味が苦手な方には持って来い!の品種ですね。
    今回の接木は自根株だと隔年結果が激しいのと、生り過ぎると株が弱ってしまう為に、
    接木株も作っておこうという考えで接ぎました。
    スパルタンは自根株だと波が激しい品種に思います。

    >技があれば何でも出来ます。

    そういえば、この前、アントニオ猪木が国会で大声を出して注意されいましたね。
    元気ですかー!
    元気があれば何でも出来る、元気があれば質問も出来るとか仰って。
    あの人もよいお年なのにいつも元気ですね。笑

    こんにちは♪

    紫のクロッカス綺麗ですね。
    クロッカスの品種もまたたくさんありそうです。

    植えつけ方にも技がありそうですね。
    こんな風に背の高さを考えて
    ギュッと詰めて植えつけるとまた素敵ですね。

    接木は絶縁テープでもいいのですね。
    スパルタンの枝が花火の導火線のようです^^。
    きっと綺麗な花火があがりますね。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    紫のクロッカスもこれでもかと咲き誇っています。(^^)
    この他にも白花や白に紫の絣が入った品種も咲いています。
    クロッカスは丈夫で綺麗な花でいいですね。
    植え付け方は偶然です。笑
    何気なしに植えたらこんな感じになりました。
    いずれはくゆらさんも接木を覚えて、花木や果樹の楽しさを倍増させてください。(^^)

    NoTitle

    ホワイトモグタンさんは500円サイズチャンドラーよりもスパルタンの方がお好きなのですね♪

    我が家もスパルタンを毎年楽しませていただいておりますが、暖地ではそれほど特別に美味しいと思える特徴のある品種とは感じておりませんでした。だから、比較的寒いところの方々が口を揃えて美味しいと言うほどは美味しいとは感じていなかったのです。九州ではラビットアイの方が甘くて風味があって美味しいものがたくさんありますし、無理してスパルタンを育てなくてもいいかな、なんて思っておりましたが、ハイブッシュにしては大分では比較的育つのでそのまま育てておりました。

    ところが4年前からに極寒の冬を二度経験した大分のスパルタンに変化が起きましたよ。
    昨年のスパルタン、とても甘くて癖もなくて初めて美味しいと思いました。そして、皆さんが口を揃えて美味しいと言うのもよくわかりました。

    同じ苗でも環境で味が全く違うものなのですね。さて、今年は美味しいスパルタンになりますでしょうか。

    Re:Reveilleさん

    こんばんは。
    >ホワイトモグタンさんは500円サイズチャンドラーよりもスパルタンの方がお好きなのですね♪

    そんな事はないですよ。(^^)
    酸味の効いたチャンドラーも好きです。
    チャンドラーは挿し木苗を数年前に何本か作ってあちらこちらに植えてあります。
    スパルタンは樹勢が強いのですが、生らせ過ぎるとガクンッと樹勢が弱ります。
    なので特に隔年結果に陥り易いです。
    そこでそれらを改善する為に今回接木を試みた次第です。
    チャンドラーは自根株でもスパルタンのようには弱らないです。
    同じハイブッシュ系統でも品種によって大分違いますね。
    確かに環境に向き不向きはあるでしょうね。
    我が家では柑橘類も鉢で育てていますが、
    どんなに頑張って育てても産地のような美味しい果実にはならないです。
    完熟したスパルタンは酸味が殆ど感じなくて甘みを強く感じます。
    これが万人に受けているのでしょうね。
    最近は果物全般において酸味よりも甘みの強いものが好まれる傾向にありますからね。
    我が家のラビットアイ系統の品種も酸味が少なくて甘みが強い品種が多いのですが、
    生食で食べた場合、皮が硬いせいか、口に残る感じがあります。
    当地の方言だと、”こそっぽい”感じがします。笑
    これを克服出来ればラビットアイ系統ももっと人気が出てくると思います。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索