幼梨の誘引

    幼梨の誘引


    昨年の12月に移植した梨の幼木等の誘引を行いました。

    opyui027.jpg 

    移植した樹は全て根付き、花が咲いて新芽が展葉しています。

    植栽時は近くにトラが居たのを思い出しました。

    あの後に事故に遭わなければ、

    今日も近くで紋白蝶でも追い掛けていたかもしれません。

    この世に生まれて春を知らないまま、

    あの世に旅立ってしまった事が残念でなりません。











    成木の豊水も軽く整枝をして枝を誘引しました。

    opyui015.jpg 











    立木仕立ての樹達も全て根付きました。

    opyui023.jpg 

    手前の樹は成木の幸水です。

    この樹は以前は開心樹形で仕立てていたので開いています。











    中国梨の延寿が満開になりました。

    opyui004.jpg 

    昨年も沢山咲いたのですが、凍害に遭って全く生りませんでした。

    今年は少しばかり収獲出来ればと思っています。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    好奇心旺盛なトラちゃんが
    おしりフリフリ、紋白蝶に飛び掛ったり
    モグラもモグちゃんを追いかけている光景を
    思い浮かべてみました・・・・・
    なんとも可愛らしい光景です。

    そんなトラちゃんが傍らに居ない寂しさは
    どんなか、お察しします。

    梨の成長とともに
    時々思いだしてあげてください^^

    思い出

    トラが斜面を少し上がった所から誘引の様子を見てるじゃないですか。

    過去は良い意味で振り返ることも必要です。
    『タラレバ』。ニラレバではありません。(笑)

    もし・・・・であったら。もし・・・・であれば。
    このタラレバを現実のものに出来れば人はもっと幸せになれるように思いますね。
    過去の思い出を大切にし、今と言うこの時を一生懸命やるだけ。
    書き始めると長くなりますので、今日はこのあたりで。

    果樹の思い出は幼木の頃の方が多いように感じます。
    期待感が大きいからでしょうか。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    お尻ふりふりで紋白蝶に飛び掛ろうとする好奇心旺盛なトラの姿が目に浮かんできます。(^^)
    健在だったら大分大きくなっていたと思いますが、
    性格は以前のままでベタ馴れしていたと思います。
    お花とひょうきんなトラのツーショットの写真が沢山撮れたかと思うと本当に残念でなりません。
    でも画像の樹を植えた時にその場にトラが居たので昨日も近くにトラが居た様な気分になりました♪

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    漫画のような話ですが、タイムマシーンがあればいいのにな~と思う時がよくあります。
    一度亡くなってしまうと、その人やペットと二度と会えなくなってしまうのが残念ですね。
    亡くなった後も偶でよいから会って話でもしたいものです。
    この広い宇宙の何処かにはそんな事が可能な惑星があるかもしれませんね。

    画像の梨達はある意味記念樹になってしまいました。
    処分は出来ないですね。

    しんみりしました

    ご無沙汰しています。いつも楽しくブログ拝見。勉強になります。「何度言ったら理解できるのっ」と注意されないように、、、(^_^;)。
    モグタンさんは、トラ君を、いつも視界の隅に探しているのでしょうね。

    私が三途の川を渡る時、見送ったネコ達が並んで待っていてくれるな~と
    想像しながら猫のお世話しています。
    健康診断の再チェック連続でチョット落ち込んでおります。
    また、トラ君の思い出話を聞かせて下さいね♪

    Re:ムクロジさん

    こんばんは。
    どうもお久しぶりです。
    移植した梨の幼木たち、少しばかりですが花が咲きました。
    その花を見ていると、トラが花に化けて私に久しぶり!って言っているようにも感じました。(^^)
    全くの自己解釈なんですが。(^^:)
    ムクロジさんが三途の川を渡るのはまだまだ先のお話でしょう。笑
    ネコも人間と同じで性格が様々ですね。
    近所の飼い猫は飼い主に向かって唸り声を上げながら本気で噛み付いてくるそうです。汗
    全然懐かなくて怖くて仕方がないと仰っておられました。
    トラとは全く違うようです。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索