分蜂群 再び

    分蜂群 再び


    昨日に引き続き、自然分蜂群がやって来ました。



    お昼過ぎに気付いた時には既にやって来ていました。

    今日は風が強かったので、まさかやって来るとは思いませんでした。

    この群は夕方まで巣箱に入る気配がなかったので、

    巣門の扉を開けて蜂球をそっと巣箱の手前へ振り落としました。

    すると、巣箱の中へぞろぞろと入って行きました。

    女王が入れば働き蜂達も自ら巣箱の中へ入って行きます。

    もしかすると今回の群は誘引蘭に引き寄せられて飛来した可能性もあります。

    こうした群れの場合は後に逃去する場合が多いので、

    少しでも落ち着いてもらう為に、

    ハチミツと砂糖を水で溶いた特性ドリンクを与えました。

    無事に居座ってくれると良いのですが。

    取り敢えず、この群をE群と呼ぶ事にしました。

    064ooyikoory.jpg 

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    自然の中の探査蜂は情報交換をしたのでしょうか?
    ここにはいい住まいがあるぞ・・・・って

    どんどん群れを呼んできてくれそうですね。
    特性ドリンクも喜んでいることでしょう^^

    ところで、蜂球は素手で扱うのですか?

    Re:くゆらさん

    こんばんは。

    >自然の中の探査蜂は情報交換をしたのでしょうか?

    蜂の恩返しなのでそれは教えられません。笑

    この世には三大恩返しがあります。

    鶴の恩返し、くゆらの恩返し、蜂の恩返し。笑

    特性ドリンクは少し作り過ぎてしまったので私も飲みました。
    元気200倍!です。笑

    空の待ち箱は残り二つになりました。
    全てに御入居してくれると嬉しいです♪

    蜂球は素手でも触れますが、誘導する際は新聞紙を丸めたもので誘導しています。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索