まるまるさんからのお便り

    まるまるさんからのお便り


    まるまるさんからお便りが届きましので、

    私のブログでお知らせしたいと思います。

    今回は、アンズのハーコットと他品種による受粉結果についてのお話です。

    了解の下で、ご提供頂いた画像と説明文を引用させて頂きます。







    一昨年まで今一つだったハーコットが去年は突然たくさんの結実を得たので,

    新たに授粉に加わった露茜のおかげかと確認するつもりだったのですが,

    どうも結果は予想とは違うものでした。



    まず,あと2,3日で開花すると思われたころに、

    自然受粉を妨げるために枝をビニールの袋で覆いました。

    (開花前) (画像をクリックすると拡大します。)

    開花前 

    できるだけ近くの三つの枝を露茜用,

    平和用,自家授粉用の1グループとして3グループ,合計9本の枝です。

    満開を見計らって1回だけ授粉しましたが,

    この段階で既に実験は失敗かなという状況になってしまいました。

    というのは,去年はほぼ一致した3種の花期が,

    今年は露茜だけが早く咲いてしまい,

    ハーコットが開く頃には露茜はほぼ満開となり,

    ハーコットが満開のころには露茜は終わりかけている状況でした。

    それでも半分くらいは花期が重なっていたのでどうにか授粉して結実を待ちました。

    東の枝の露茜と平和にはそこそこの結実があったのですが,











    その後,露茜の幼果は全部落ちてしまいました。

    (東の枝4月26日)

    東の枝4月26日 

    南の枝は最初からほとんど全滅でした。

    北の枝は見にくい位置にあるのでよく覚えていないのですが,

    やはり露茜と平和には少しの結実があったと思います。

    自家授粉の枝は予想通り?ほとんど結実しませんでした。











    そして最終結果が,

    東の枝 露茜:平和:自家授粉=0:5:0

    (東の枝6月10日)

    東の枝6月10日 











    南の枝 全部ゼロ

    北の枝 露茜:平和:自家授粉=0:2:0

    (北の枝6月10日)

    北の枝6月10日

    合計  露茜:平和:自家授粉=0:7:0 と,数の上では平和の圧勝でした。

    花期がずれたことに加えて,

    授粉時にビニール袋で覆ったために中が蒸れてかなり過酷な状況だったようです。

    本来の授粉相性以外の要因もたくさん入ってしまった気がします。











    実験対象の枝とは別に,

    平和との受粉相性が良いのではないかと思わせる現象がありました。

    授粉のために露茜と平和の枝をそれぞれ数本ずつハーコットに高接ぎしてありますが,

    そのうちの1本の平和の台枝にハーコットがたくさん結実したのです。

    (平和高接ぎ枝4月26日)

    平和高接ぎ枝4月26日 











    (平和高接ぎ枝6月10日)

    平和高接ぎ枝6月10日 

    6月10日の写真に平和の実がありませんが,

    これは先日の長雨で半分以上が実割れして落果してしまったために,

    残りも雨の中急遽全収穫してしまったからです。

    それまでは生理落果することもなく,

    今にも折れそうなくらい真下に向かって垂れ下がっていました。






    以上のような結果でしたが,

    素人が遊びでやった面白半分の実験。参考になりますかどうですか?






    このように,実験枝や一部の枝にはそこそこ結実したのですが,

    全体としては大失敗でした。

    (全体的にまばらな結実.)

    全体的にまばらな結実

    原因としては,

    去年の大量の結実に気を良くして、

    「どうせあんなに結実するなら摘果しなければならないのだから」と、

    授粉作業に手を抜いたことが考えられます。

    一応,2~3回の授粉作業をしているのですが,去年に比べて雑だったと思います。

    しかも,その時点では露茜の相性が良いと思っていたので、

    満開を過ぎた露茜を中心に授粉していました。

    その数少ない結実に加えてこのところの長雨です。

    まだ熟してもいないのにたくさんの実が割れています。

    やはりハーコットは難しい果樹のようです...








    今回も貴重なお話をありがとうございました。

    大変興味深い実験をされたようで、私としてもとても参考になりました。

    やはり、噂通り、ハーコットは気難しい品種のようですね。(^^:)

    仰るように、ちょっとした天候や開花時期のずれなどでも、

    結果が大きく左右されてしまうかもしれませんね。

    露茜自体、自家結実性は無いので、

    ハーコットとの受粉樹としては向いていないのかもしれませんね。

    となると、ハーコットと開花期が揃って、

    自家結実性が高くて花粉を多く持った品種、

    例えば、アンズ系統の梅や、アンズなどが適しているかもしれませんね。

    まだ幼木ですが、我が家にもハーコットがありますので、

    今後、我が家でも他品種との受粉実験が試せるかもしれません。

    私も楽しみになってきました♪

    今後もいろいろなお話を聞かせてください。

    この度は大変参考になるお話をありがとうございました。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    まるまるさん、貴重な実験結果です。
    有難うございました。
    (夏期のジャンボイエローは定期的に水遣りをして下さい。
    シワシワ果は行けませんです。)

    確かに今年露茜とハーコットの開花時期がズレておりました。
    平和でハーコットの結実が良くなれば助かりますね。
    私も今年の秋に平和をハーコットに高接ぎしてみます。
    これで平和に結実すれば良いのですが。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    日本一の果実さんが喜びそうな実験に思います。
    実験好きな日本一の果実さんもうかうか出来なくなりましたね。(^^)
    早く、松茸栽培の種駒を送ってください。笑
    我が家のハーコットは幼木なので、まだ開花はしていませんが、
    開花したら私もいろいろと試してみたいと思います。
    結実性の悪い品種を沢山生らせるのも楽しみの一つですね。

    ご紹介ありがとうございます

    平和は花粉量が多く授粉木向きと聞いていたので,ハーコットを植え付けた時から授粉用にと鉢植えで育てていたものです。
    しかし,長い間結果が出なかったので授粉木としての信頼を失っていました。
    でも,それは私の腕の未熟さとハーコットの気難しさのせいだったようです。
    他の果樹はたいして授粉作業をしなくても(キウイはしっかりと授粉していますが)たくさんの実がなりますし,同じアンズの平和も鉢植えでもたくさん生っていました。今回,樹種によっては丁寧な授粉が必要なのだということを学んだ気がします。

    鉢植えの露茜も去年の初生り1個に続いて,今年は10個ほど生っています。幼果は30個くらい生ったのですが頑張って10個まで摘果しました。でもまだ摘果が不十分だったようで,去年の初生り果に比べて大分小さいです。
    高接ぎの平和にはたくさん実がつくのですが,露茜の高接ぎ枝は花は咲いても結実しません。枝も平和に比べるとかなり弱々しいです。樹勢の違いなのでしょうね。

    Re:まるまるさん

    こんばんは。
    今回もとても参考になる実験レポートをありがとうございました。
    ハーコットの結実はなかなか上手く行かないようですね。(^^:)
    話を聞いて思ったのですが、ハーコットは西洋アンズですよね。
    という事は、もしかしたら、国産品種との親和性が悪いか、無いのかもしれませんね。
    最近の品種で、おひさまコットとニコニコットがありますよね。
    これらは西洋アンズと国産アンズを交配して作られた品種のようなので、
    もしかすると、ハーコットとの相性もよいかもしれません。
    おひさまコット、ニコニコット共に自家結実性のようなので期待出来るかもしれませんよ。(^^)
    仰るように露茜はかなり樹勢が弱いです。
    通常のアンズや梅の樹勢とは違います。
    露茜自体は自家結実はしないとの事ですが、
    我が家の露茜は何かの品種と相性がいいようで毎年沢山結実します。

    こんにちは♪

    実に研究熱心なレポートです。
    対照実験の画像もあって説得力がありますね。

    O氏のST●P細胞レポも
    見習わなくてはいけません(苦笑)

    素晴らしいですね。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    昼間コーヒーを飲んだら、眠れなくなってしまいました。汗
    私の手抜き記事とは雲泥の差がありますね。(^^:)
    こうして繊細に説明して頂けると分かり易いですね。
    画像と説明がマッチしています。

    何とか細胞は不自然が目立っていけませんね。
    言い訳ばかりしているように聞こえてしまいます。汗
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索