ニコニコットとおひさまコット

    ニコニコットとおひさまコット


    ニコニコットとおひさまコットが色着いてきました。

    どちらも移植したのですが、双方共に数果ほど初生りしました。

    しかし、今年は梅の実サイズの大きさです。






    ニコニコットです。

    oyloper006.jpg 

    移植の影響は大きいようで、樹勢に比例してとても小さいです。

    それでも綺麗に色付いて遠くからでも目立ちます。











    おひさまコットです。

    oyloper008.jpg 

    こちらも梅の実サイズですが、綺麗に色付いています。

    1果だけ味見をしてみましたが、

    まだ硬めだったものの、

    程よい酸味でアンズにしては甘味が強く感じました。

    確かに生食用に向いています。

    どちらも生食向きで、

    大果の豊産性タイプとの事で将来が楽しみになりました。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    きれいな色のアンズですね
    思わずニコニコットですね

    Re:バドさん

    こんばんは。
    最近のアンズは生食向きの品種が多いです。
    アンズも良いものです。

    NoTitle

    無時に味見が出来て良かったですね。
    双方とも生食で期待されている杏ですからおいしいのでしょうね。
    杏はほど良い酸味がおいしさの一つだと思います。

    家の紅浅間・ハーコーットもかなりおいしく頂けました。
    杏も侮れませんね。
    存在感は十分にあります。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    味見しましたが、まだ早過ぎたようです。
    早過ぎても、美味しいアンズなのはよく伝わってきました。
    まだ生っていますので、もう少し経ったらもう一度味見してみます。
    やはり、国が作った品種は味が良いですね。
    相当数から選抜されて、長い年月を経て、いろいろな実験を重ねて、
    やっと登録されますので外れが少ないですね。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索