柿が色着く

    柿が色着く


    早秋が色着いてきました。

    uylnl;yio011 

    早秋は極早生なので他の品種よりも一足早く色着いています。











    興津20号も薄っすらと色着いてきました。

    uylnl;yio013

    まだまだ小さいので色着きながら肥大して行くものと思います。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    秋の訪れが早いかもしれませんね。
    例年ですと9月下旬の収穫ですが、今年は中旬に収穫出来るかもしれません。

    早秋の形がしっかり出てますね。
    育つ場所は違っても形は同じ。
    面白いものです。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    今年も9月に入りました。
    当たり前ですが、来月はもう10月です。
    一年はあっという間ですね。
    秋シリーズはどれも個性があって面白いですね。
    今年の早秋は中旬頃には収穫出来るかもしれませんね。

    NoTitle

    返信ありがとうございます。
    根域制限したブドウは今のところ順調に行っていますが、大事なのは着色しや糖度の向上度が数年に1度の土の入れ替えの手間や収穫量の減少などのデメリットを考えて割に合うかということですからね。
    結実してからでないと成功かどうかは分かりませんからね。
    クィーンセブンを今年買ってみようと思うのですが、これも根域制限しようかどうか迷っております。本当にカタログ並の糖度ならばイチジク並の甘さになるでしょうかね?
    あと実は私は20歳位の学生で、家が農家なので土地だけはいっぱいあります。果樹は出荷していないので家の人も果樹はあまり良く知らないのですが。

    こんにちは♪

    ほんとうに秋が早いかもしれません。

    近くのスーパーは面白くて
    ‘果物は、やりますよ!’・・・と、
    おもしろいキャッチ広告をいつも掲げています。
    そこで和歌山の柿を目にしました。

    まだ、まるごとスイカも売っています。
    でも、スイカをいただくにはちょっと寒くなってきました^^。

    早秋の実りは名前そのものなのですね^^

    Re:ハトさん

    こんばんは。
    多分、お若い方だろうと思っておりました。(^^)
    いろいろと学ばれておられると思いますが、
    本格的にブドウ栽培をされるのでしたら、
    ブドウの作業便利帳やブドウの新短梢栽培などの、
    プロ農家向けの教本も読まれると良いかと思います。
    最近はいろいろと工夫をされて根域栽培をされておられる方も増えてきています。
    ただ根域だと、仰るように数年に一度の土の入れ替えが必須になりますね。
    その時に収穫量がどの程度落ちるのか気になりますが、
    やり様によっては落ちないで安定して収穫出来るかもしれません。
    クイーンセブンは魅力的な品種ですね。
    まだ新品種なので情報が少ないので何ともいえませんが。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    こちらでも柿が店頭に並び始めました。
    ハウスものでしょうかね?
    栗なども見かけるようになりました。
    秋の味覚が出回り始めていますね。
    スイカは我が家の周りにも転がっています。
    最近はあまり食べなくなりました。
    トマトもそろそろ終わりに近づいています。
    果物や野菜も夏から秋へバトンタッチの季節になりつつありますね。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索