お疲れ気味の”いさはや”

    お疲れ気味の”いさはや”


    昨日になりますが、いさはやを収穫しました。

    001up;lkki

    今年のいさはやは樹に勢いが見られず、

    いつものような大果にはなりませんでした。











    どれも富有柿サイズです。

    002up;lkki

    それでも味は悪くなくて思ったより甘かったです。

    この樹は、これでも十数年経っています。

    コンパクトな樹形に仕立てているので

    天辺に生っている果実も手を伸ばせば届きます。

    下枝の先端に生っている果実は地面に触っているものもあります。

    そんな事で管理がし易いのですが、

    今後は収穫量をもっと増やしたいので、

    もう少し大きく育てようと思います。

    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    いさはやがたくさん生っていますね。
    収穫しやすいコンパクトな樹形、大切ですね。

    畑の柿の木も太くなり始めてきたので、
    しっかり剪定して、枝の誘引もしてみたいと思います。

    NoTitle

    なるべく背丈を抑えようと横に枝を誘因しております。
    そうすると良く折れます。
    なので最近枝を支えるようにしました。
    秋になるにつれ枝の重みが変わって来ますね。

    いさはやも本来は大きな柿なのでしょうね。
    大きな柿は魅力があります。
    今年500gの柿を見せたら、皆さんニッコリされました。
    柿も特徴があった方が栽培意欲が湧きますね。
    よし、来年は800g。(笑)

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    自分のところで食べる程度でしたら、
    コンパクトに仕立てたほうがよいかもしれませんね。
    低樹高のコンパクトは管理が楽です。
    柿は枝折れし易いので、
    誘引はあまり開かせ過ぎないほうがよいかもしれません。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    いさはやは、大葉で大果の豊産性タイプですが、
    不思議な事に枝は折れ難いです。
    我が家のいさはやは枝折した事がありません。
    品種によっても枝の柔軟性が違うようです。
    昨年、甘秋は折れまくりました。
    今年の我が家のいさはやは大果にはなりませんでしたが、
    上手に育てれば800gくらいは行くと思います。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索