樹形改造

    樹形改造


    平らな畑の桃の樹を樹形改造の為に思い切ってばっさりと切りました。




    この畑の桃の樹は、どれも3本主枝の開心樹形に仕立てています。

    hboipo001_e.jpg 

    ところが、画像のように列間や株間が狭い植え方をすると、

    3本主枝では日当たりが悪くなってしまい、

    下枝まで光が射さなくなってしまいます。

    これでは、樹形の維持も難しく、開心樹形の良さを殺しています。

    hboipo002_e.jpg 

    若木のうちはコンパクトで良いのですが、

    樹が成長するに連れてどんどん窮屈になって行きます。

    結論として、樹勢の強い桃の場合は、

    画像のような狭い株間での3本主枝の開心樹形は不向きと感じました。

    折角、樹形を作って来たのですが、

    この感じでは良くならないと感じ、

    この度、思い切って、2本主枝のY樹形に改造する運びとなりました。

    他品種を育ててみたいとの欲望に駆られて狭い株間で植えてしまったので、

    Y樹形にしても窮屈な感じになるとは思いますが、

    今までよりは改善されると思います。











    強剪定後です。

    hboipo006_e.jpg

    カメラを直射日光に当たる場所に置いていたので、

    ぼやけた画像になってしまいました。(汗)

    電源を入れたら、

    カメラが熱くなっているので熱が下がってから使用してください、

    みたいな警告表示が出ました。

    表示がされなくなって使用可能になってから撮影したのですが、

    まだ熱が下がっていなかったせいか、カメラの状態が良くなかったようです。

    hboipo010_e.jpg 

    こんな感じで主枝を1本切り落としたり、枝を払い落としたりしました。

    はっきりいって、見苦しい樹姿になりました。

    今の時期に、こんな荒行事をしたので、

    今後、復活してくれるか分かりませんが、

    取り敢えずは、この状態からY樹形に仕立てて行きたいと思います。

    添え竹や紐を使って樹形を矯正して行きます。











    こちらは、スウィート光黄です。

    hboipo007_e.jpg 

    スウィート光黄は、緑枝接ぎをして黄金桃にでも更新しようかと考えています。











    また沢山の薪が確保出来そうです。

     
    hboipo014_e.jpg


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    ずいぶん思い切ってバッサリいきましたね。
    見通しも風通しも良くなったかんじですね。

    私もワサワサと茂ってきた果樹の向こうに
    ホワイトモグタンさんが隠れているような気がして
    気が気でなりません。(笑)

    ホワイトモグタンさんならウエルカムなのですが
    猿やイノシシが隠れていないかナンテ考えると
    ちょっと怖いので下枝を払ったりしないといけません。

    通路もしっかり、確保しておきたいし・・・・・
    枝の配置、陽当りを考えながらの
    伐採の必要を感じています。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    暑くて大変でしたが、これで袋掛けの手間が省けました。笑
    苗木のうちは後先考えずに手狭で植えてしまいがちですが、
    後々に成長した事も考えて植え付けたいですね。

    そうですよ~!
    私の生霊がいるかもしれませんよ。怖&笑
    お天道様が雲に隠れている日も私は常に見ていますので。笑

    猿や猪もくゆらさんが隠れてやいないか怖がっているかもしれませんよ。笑

    でっ
    デカイ!
    ばっ、
    化け物だ~!
    くっ
    食われる~ 怖
    な~んて!笑

    庭木や草植物の植え付け配置などは、その植物の特徴を上手に活かしたいですね。
    剪定しないのも自然な感じで良いのですが、
    時には剪定したほうがより自然に見える場合もあります。

    NoTitle

    おいしい桃を作るにはどうしたら良いか。
    物語はここからスタートします。
    たくさんの要因がありますね。
    その一つに光合成があります。
    日当たりも侮れません。
    家の桃は開張形がほとんどです。
    開張形で同じような日当たりのように思うのですが糖度は東に高く西に低い。冬の気圧配置と逆です。
    夏の陽差しは朝の方が強いのでしょうか。

    この時期に思い切りましたね。
    桃もまさかこの時期にやられるとは思っていなかったでしょう。
    いつ何時。
    桃自身緊張感を持って。シャキっと。(笑)
    数年後にさらにおいしい桃になることを期待しております。

    家の桃も今年一発狙っております。
    一発屋で終わっちゃうかもしれませんが。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    そちらの畑も年々過密度が増していますね。
    株間がかなり狭い感じがします。
    後に遮光畑になってしまうかもしれませんよ。笑
    日当たりが良ければ、自ずと植物は光合成の働きが良くなりますね。
    甘くて美味しい果物を作るには日当たりは欠かせません。
    樹の天辺付近に生る果実は大果になりやすくて糖度も高いですね。
    やはり、日当たりが良くて頂芽優勢である為だと思います。
    果実さんも程よく日光浴をなさってください。笑

    桃は意外と胴吹きし易いので回復は早いかもしれません。
    樹形の仕立て直しも楽しいものです。

    そちらは何時やるの?
    今でしょう♪笑
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索