桃の収穫も残り僅か

    桃の収穫も残り僅か


    リレー形式で6月から続いた桃の収穫も残り数品種となりました。






    黄ららのきわみです。

    DSCN1900_eptyut.jpg

    開花から収穫までに150日以上掛かる、極晩成の黄色桃です。

    大きいものは400gを超えてきます。

    黄色桃の中では大きさ、味共に最高峰かもしれません。











    桃水も間もなく収穫期に入ります。

    DSCN1901_eptyut.jpg 

    幾分、早採りしても甘いのですが、若干渋みを感じます。

    やはり、収穫適期に収穫したほうが美味しいです。











    昨日は、みさかっ娘とさくらを収穫しました。

    DSCN1872_eptyut.jpg  

    さくらはかなり大きいです。

    十分に摘果を行えば、500gサイズがごろごろ生りそうです。


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    太字の文桃も難しい時期に差し掛かって来ましたね。
    この時期まで粘ることが如何に難しいか。
    最近、特に雨が多く大変であります。

    黄ららのきわみは大健闘ですね。
    私も今年黄ららのきわみを頑張って来ましたが本日収穫を終えました。
    なるほどの黄ららのきわみでした。

    さくらの500gゴロゴロは優秀な品種ですね。
    今年さくらの初収穫を目指しましたが早々に落下。
    出来れば7月に大玉がゴロゴロ生って欲しいですね。
    桃の晩生種は簡単には収穫させて貰えません。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    桃栽培は果実が傷み易くて難しいですね。
    正確には桃栽培も・・・!ですね。
    特に雨は病気と落果を招きますね。
    特に天候に左右され易い果物です。
    スモモもそうですが、オジンガー果実お爺ちゃんZXは、
    結論付けるのが早過ぎると思います。汗&笑
    黄ららのきわみも初生りから1~2年でなるほど!と決めるのは早過ぎます。
    我が家の黄ららのきわみは初めの頃はそれほど美味しいとは思いませんでした。
    それと黄ららのきわみは若木だと苦味や渋みを感じる場合があります。
    さくらは特大果になり糖度も高いです。
    場合によっては600gクラスも有り得ると思います。
    来年、再挑戦してみてください。

    こんにちは♪

    大きな桃への夢は400g、500g、600gと膨らみますね。

    今年は地元産のひめこなつ、サシバのモグちゃんの桃、
    福島産の桃を頂きましたが・・・・・・、

    やはり、桃もブドウも買って頂くのが最高と悟りました。(笑)

    果樹は自分の身の丈に合った栽培品種を選んで
    ストレスを溜めないのが一番です。

    野菜も植えつけても猿に盗られてばかりだし・・・・・。
    畑は花と樹木の庭で推移するものかと・・・・・・・(笑)


    Re:くゆらさん

    おはようございます。
    今日は真夜中に(笑)マークを二つも付けて、
    何か良い事でもあったのでしょうか♪!?笑

    こちらとそちらとでは大分遠いですが、
    くゆらさんはこちらへ頻繁に行き来しているので親近感があります。
    よくこちらの事をご当地と話されているのを聞くと、
    こちらに在住されている方のように感じます。笑
    そのくらい、こちらは第二のふる里のように思っていらっしゃるのしょうね。(^^)

    確かに果樹栽培は楽しい事ばかりではないですね。
    寧ろ、がっかりする事のほうが多いくらいです。
    始める前は、楽しくワクワク♪希望に満ち溢れていましたが、
    実際に始めてみると現実は厳しいものです。汗
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索