腐蛆病検査

    腐蛆病検査


    今年も家畜保健衛生所の方が見えられて腐蛆病検査を行いました。

    この検査は趣味で1群だけ飼うにしても、

    数年前に義務化されたので必ず行わなければなりません。

    検査の結果は8群共に異常無しでした。

    保健所の方の話だと、今年は消滅してしまった群が多いとの事でした。

    何日に検査に伺いますと電話をすると、

    全群消滅してしまったので、検査不要になりましたと話す方が多いそうです。

    消滅してしまった原因の大半が夏の暑さのせいのようです。

    やはり、我が家だけではなかったようです。

    それと日本蜜蜂を8群群飼われているのは多いほうですと言われました。

    話を聞くと、当地では1~3群くらいを飼われている方が多いようです。

    中には5郡飼われていて全群消滅してしまった方もいるそうです。

    そんな話を聞くと、我が家の群はまだよいほうかもしれません。

    DSCN1921_eptyut.jpg 

    最近、涼しくなったので蜂数が増えて来ました。

    見る限りでは全群共に順調のようです。

    今年も何群かは来月に採蜜する予定です。


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    もう、立派な養蜂家さんですね。

    良く働いたハッチたちも病気無く
    元気で合格良かったですね。

    これも、良く働き、ハッチたちを常に気に掛けてきた
    ホワイトモグタンさんのお世話のたまものだと思います。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    数年飼ってみて少しずつミツバチたちの気持ちが分ってきたように思います。
    今年のような年は、ほったらかしでは全滅してもおかしくないと思います。
    今年の夏はミツバチたちにとっても、かなりしんどかったと思います。
    でも今年のような年はスズメバチが大繁殖したりします。
    くゆらさんもスズメバチに刺されたりしないように気をつけてください。

    NoTitle

    ミツ蜂にとって腐蛆病は恐ろしい病気のようですね。
    検査に合格して良かったです。

    ミツ蜂の夏越しも大変ですが人にとっても夏を越すのは大変です。
    今度は真冬ですかね。
    半年毎に試練がやって来ます。
    北関東の寒さは大変です。

    ミツ蜂も飼ってみればミツ蜂の弱さが分かって来ますね。
    強さを知るより弱さを知る。
    ミツ蜂が今、何を考えているか。
    何を求めているのか。
    これが理解出来ませんといつかは全滅しますね。






    Re:果実お爺ちゃん

    こんばんは。
    腐蛆病は西洋蜜蜂と果実お爺ちゃんに罹り易い病気のようです。
    日本蜜蜂は殆ど罹らないそうです。
    ”ミツ蜂”!?
    初めて見る表記です。
    お爺ちゃん、既に腐蛆病に罹っていらっしゃるのでは!?汗&笑

    今年の夏は異常だったので、何が起きても不思議ではないでしょうね。
    保健所の方の話では、今年は相当数の飼育群が消滅されたとの事です。
    おそらく、他県でも消滅してしまった群が多いのでは?と思います。
    特に飼育群は巣箱で飼われているので暑さに弱い構造になっています。
    自然巣は岩場や樹洞、墓石などの
    夏でも快適な場所て暮らしているので夏バテし難いと思います。
    やはり、自然巣には敵いません。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索