イチジクの夏果

    イチジクの夏果


    芽吹きの遅いイチジクですが、いつの間にかに生い茂っていました。

    00ert2_e.jpg 











    何品種かは夏果が着いていました。




    バナーネ

    バナーネe 











    コナドリア

    コナドリアe 











    ビオレッタ

    ビオレッタ 











    ロードス

    ロードス 


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    イチジクが立派に育って
    お隣の山林とのいい境界になりましたね。

    イチジクの実には相変わらず興味がありませんが
    葉っぱは好きですよ(笑)面白いと思います^^

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    イチジクの成長も早いです。
    どんどん大きくなります。

    イチジクの成長も早いがくゆらの成長も早い。
    くゆらの成長も早いがイチジクの成長も早い。

    葉っぱがお好きなくゆらさんは、
    柏餅の様にイチジクの葉っぱを利用して、
    無花果餅にして食べられるとよいかもしれませんね。 (^^)
    お餅は食べずに葉っぱばかりを食べ続ける蚕の様な怪子なくゆら!笑

    NoTitle

    防寒を考えてこの場所に植えられたのでしょうか。
    霜の掛かり方が若干でも減らせられるかもしれません。

    夏果がたくさん生りそうですね。
    私はイチジクが好きですが最近ほとんど食べていません。
    テッポウムシが食べて行きます。
    たまたま生ったイチジクはコガネが食べて行きます。
    なかなかお爺ちゃんの口には届きませんね。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    我が家には昔から桝井ドーフィンがあるのですが、
    当初、無花果はどの品種も寒さに弱いものかと思っておりました。
    ところが、一度に数品種を植えたところ、
    桝井ドーフィンよりも耐寒性の強い品種が多い事が分かりました。
    見ていると、桝井ドーフィンが一番寒さに弱い感じがします。
    数品種、栽培してみると耐寒性の違いなど、いろいろ見えてきますね。
    テッポウムシはイチジクの天敵ですが、
    特に秋になると入り易いように思います。

    イチジクの耐寒性

    始めまして(*_*)
    ことしの春から何種類かいちじくを育てています。残念ながら寒い所に住んでいるのですので、冬の防寒対策が心配です。室内にいれようとか枝にプチプチを巻き付けようとかとかいろいろ気を揉んでいます。そちらも寒い所ですか?

    Re: Kaori さん

    初めまして。
    私の所は北関東ですが、冷え込むと最高で氷点下10℃前後になります。
    厳寒期には氷点下7℃位まで冷え込む日はしょっちゅうあります。
    それでも苗木を植え付けて今までに寒さで枯れた品種は桝井ドーフィンくらいです。
    防寒対策はした事はありません。
    寒さに弱い桝井ドーフィンでさえも枝だけ枯れて根っ子は生きているので、
    暖かくなるとひこばえが出て来て復活します。
    冷え込みが緩い年は桝井ドーフィンも地上部は枯れません。
    あと言える事は秋果が生っても霜が降りると葉っぱが枯れて果実の肥大もストップして食べれなくなります。
    遅くまで生っている枝の先端のほうの秋果は食べれないです。

    ありがとうございました(^_^)/

    私は東北南部です。最低気温は-7℃ぐらいで-10℃になったことは記憶していません。
    何年か前にドーフィンを植えて大木になっていますが、ドーフィンは水っぽくて誰も食べないのでいつでも腐らせています。今年何種類か植えました。バナーネなどです。管理人さんのお話から特に防寒しなくても済みそうですね。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索