キウイ 緑枝接ぎの様子

    キウイ 緑枝接ぎの様子


    先月の中旬頃に、ゼスプリゴールドの実生樹に早雄とロッキーを接ぎました。

    tyyul003oo_e.jpg

    手前の展葉が進んでいるのが早雄で、

    奥の芽吹きが始まったほうがロッキーです。

    今年の春に植え付けた、レインボーレッドとМGー06の授粉用に接ぎました。

    ゼスプリ・ゴールドの実生樹も雄木の可能性が高いので、


    レインボーレッドとМGー06の何方かに開花時期が揃うか確認してみようと思います。

    合うようでしたら、ゼスプリ・ゴールドの枝も生かしたいと思います。



    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    私も先月上旬に緑枝同志を接ぎました。
    3本接ぎましたが見事全滅。
    登熟度が足りませんでした。
    接木時期をもう少し遅らせた方が良かったですね。
    前回は二年枝と緑枝で同時期に成功しました。
    フニャフニャ同志では無理のようです。

    近年、キウイの木の下は実生と猫がゴロゴロしています。
    しっしとは言えません。
    ごゆっくり。

    授粉環境は整備したいですね。
    雄木はたくさんいりませんが無くては困ります。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    果実さんの接ぎ木成功率は高かったと思いましたが今回は駄目でしたか。
    大昔の古びた盆栽の本に書いてありましたが、
    慣れてきた頃に接ぎ木の活着率が下がる場合があるそうです。
    何でも慣れてくると甘く見る傾向にありますね。
    車の運転などはそうした時が一番危険な時かもしれません。
    授粉樹の理想的な開花は雌木よりも先に開花して雌木よりも後まで開花している、
    そんな状態が理想ですね。
    キウイなら間違いなく結実良好になるでしょうね。
    数品種の授粉樹を高接ぎして、リレーさせるのも良いかもしれません。

    こんにちは♪

    ゼスプリ・ゴールドの種を蒔かれたのですね。
    あの小さな種から・・・・感動ですね^^

    畑ではトムリだけでも黄肉キウイも受粉できている感じですが
    多品種となると、雄木対策も抜かりなく・・・・ですね。

    接ぎ木で、どれがどの枝か判らなくなることはないのでしょうか?
    特に蔓性のもはそう思ったりします^^


    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    >ゼスプリ・ゴールドの種を蒔かれたのですね。
    気のせいか、以前にも何方かに同じ様な事を言われたような気がします。笑
    確か、おたねのく〇らとかいう、時代劇に出てきそうな、
    カッコいい名前の方だっと思いました。笑
    いや、おたねのがめらだったっけかな~?笑

    >あの小さな種から・・・・感動ですね^^
    何だか、くゆらちゃんも真似しそうに思います。笑

    授粉樹は大事ですね。
    通常なら、トムリとアップルキウイは開花時期がズレると思うのですが、
    くゆら園では授粉出来ているのですね。
    そのうち、合わなくなるかも!
    ほら、ト無理とか!笑

    我が家は多品種接ぎは殆どしていません。
    やっても今回の様に授粉樹程度に止めている程度なので間違う事はないです。(^^)
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索