薪割り

    薪割り


    イチジクが色付いていたので食べてみましたが、

    硬くて水水しくありませんでした。 

    現在生っているものはただ紅葉しているだけのようです。

    saDSC00438_20101115212427.jpg 

    間もなく、本格的な寒さがやって来ると思います。











    毎朝、薪割りが日課になっています。

    saDSC00435.jpg 

    杉や雑木類は比較的簡単に割れるのですが、

    檜だけは節がなくても割れ難いです。

    通常、薪割りは立てて割るものですが、

    私は寝せて、足で押さえ付けながら割っています。

    こうすると薪が飛び散りません。

    祖父が生前にサンダル履きで平気で割っていました。

    慣れると恐怖も感じませんし、こちらのほうが疲れません。

    でも、

    釘を打つ際に指まで叩いてしまう様な方には向かないかもしれませんが。(笑)

    薪割りや餅つきは力任せで振り下ろすと直ぐにバテてしまいます。

    コツを掴むとそれほど疲れずに持続できます。


    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    すごい量の薪ですね。
    私は友人の手伝いをしているぐらいですが、薪割りは大変ですよね。

    寝かせて割ると良いですか。私も今度やってみようと思います。

    イチジクはもう熟すことは無さそうですかね。葉も萎れだしたようですね。

    この薪は、薪ストーブ用ですか?

    なんとなく薪の方が火の温もりを感じます。
    同じ暖を取るにしてもガス・電気・灯油より私は好きですが。
    日本建築で良い木材は割りにくいかもしれませんね。
    確かに柔らかい木は強度も出ませんし、虫にもすぐ食べられてしまいます。
    檜・欅などは硬く建築材としては優れていると思います。
    私など薪割りはすぐへこたれそうです。

    イチジクもこの時期食べられそうな色をしていますが、やっぱり無理ですね。私もいつもこのフェイントに引っかかります。

    Re:カルさん

    こんばんは。
    画像の薪は今回割った量でして、全体から比べればほんの一部に過ぎません。(^^;)
    時間もそれほど掛かってないと思います。
    寝かせて割るのは自分の足元に斧(ヨウキ)が向かって来ますので慣れないと非常に危険です。
    ヨウキは鉞のようなタイプでなくて、小さくて分厚いタイプです。
    本当はむしろなどを敷いて、半割りした薪を枕代わりにして、その上に丸太を置いて割ると滑らずに割り易いです。

    Re:しおさん

    こんばんは。
    イチジクは綺麗な色をしていますが、今生っている果実は食べれませんね。(^^;)

    薪は主に灯油式ボイラーの風呂沸かしに使っています。
    うちのは薪も燃やせるタイプなので、なるべく薪で沸かすようにしています。
    薪を使いますと、殆ど灯油を使わずに済みます。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    薪や籾殻で炊いたご飯は美味しいですね。
    電気で炊くのと全く違います。
    昔は早起きして、家事の仕度をしなければならず、奥様達は凄く大変だったと思いますが、美味しいご飯が食べられて凄く幸せだったのかもしれませんね。
    薪ストーブなども凄く温まってどこかホッとしますね。
    自然の火力は良いものです。

    イチジクはもう終わりですね。
    鑑賞にはよいのですが、株元には沢山落果も見られました。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索