ぽろたんの剪定

    ぽろたんの剪定


    ぽろたんの剪定を行いました。

    低樹高栽培を意識しての剪定を行いました。






    剪定前

    007_eytlljvjo.jpg 

    数年前、移植した時に寸胴切を行いましたので、

    移植前よりは樹高は低くなっています。

    これからは大木にさせない仕立て方にする予定です。











    剪定後

    008_eytlljvjo.jpg 

    勢いの良い枝を部分的に切り戻して勢いの枝を部分的に残しました。

    栗は徒長枝などの勢いの良い枝の先端付近に良い毬が着きます。

    そうした枝を残します。

    弱い切り戻しなら、切り戻した付近にも毬が着きます。

    強く切り戻すと毬が着きません。











    こんな感じで勢いの良い枝を部分的に切り戻しました。

    009_eytlljvjo.jpg 

    細めの枝も強めに切り戻しました。

    こんな感じで切り戻すと、この付近から突発枝が数本発生します。

    後に徒長枝となり、来年の結実枝として使います。

    そして今回の結実枝(画像に写っている太目の枝)を画像の様な感じで来年切り戻します。

    そんな感じで毎年繰り返して結実させる枝の更新を図ります。

    その様にすれば、毎年ほぼ一定の樹高が維持出来ます。

    019_eytlljvjo.jpg  

    画像の三脚は六尺(約、1.8m)なので、3m弱の樹高で管理出来ます。

    このくらいの樹高ならば管理も楽になると思います。



    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    冬に思うことがありまして、枯れた葉っぱが一番落ちないのは栗だと思います。
    がんこなのか根性があるのか。
    強風が吹いても落ちません。

    ぽろたんは切り戻した方が良いのですね。
    分かりました。
    もぐたんも切り戻すのでしょうか。

    こちらは成長が止まってますので大丈夫。
    良く出来てますね。

    武蔵が成敗された現在、ぽろたんの受粉樹はいらないのでしょうか。

    こんにちは♪

    大きな栗の木の下で・・・・というのは
    童謡の中だけですね。

    栗の木も程々にコンパクトなほうがいいですね。

    私は背が5尺5寸なのでぽろたんの木の大きさが判ります。

    剪定方法も理解できるような・・・・・
    出来ないような・・・・・(笑)

    突発枝が出る部分が
    モグちゃんの様に読める人間になりたい!(笑)

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    ぽろたんは葉っぱが少し残りますね。
    武蔵は綺麗に落ちたと思いました。
    豊にもいろいろ、栗にもいろいろの様です。
    武蔵は処分しましたが、周囲の山には山栗が自生していますので授粉は問題ないと思います。
    もぐたんとあんぽんたんを間違える様では果実お兄爺ちゃんも長い事ないですね。汗
    樹勢の強い栗の木の成長が止まっているとは大丈夫ではないですね。
    栗の木は樹木医に診て貰ってあなたは産婆さんに診て貰ってください。笑

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    ヤンバルオオクユラ・12.5尺さん こんばんは。
    変わった名前ですね。笑
    屋根より高~い、くゆらちゃ~ん♪
    はやくギネス申請してください。笑
    栗の樹は大木のイメージがありますが、反してコンパクトに仕立てたいと思います。

    >剪定方法も理解できるような・・・・・

    わかるかな~!?
    わかんねえだろうな~笑

    そういえば、そちらにも栗の木がありましたね。
    栗の木より高~い、くゆらちゃ~ん♪笑
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索