柿の剪定始める

    柿の剪定始める


    今日は一転して寒い一日となりました。

    柿の剪定を始めました。






    剪定後の貴秋です。

    ytlljvjoolDSCN7294_e.jpg 

    数年前から木登りして剪定が出来るようになりました。

    主枝、亜主枝がしっかりしてきました。

    今年は少し樹高を下げて葉張りも詰めました。

    粗削りも行いました。











    剪定済みの若木の太秋です。

    ytlljvjoolDSCN7292_e.jpg 

    背景の樹と重なってしまい、見づらいですが、

    現在は若木に起こり易い、

    果実の重みによる枝折れを防ぐ為に枝の角度を立気味にしています。

    樹の成長に伴い、亜主枝の数を減らしていきます。

    なので、将来的には現在よりも開いてくると思います。

    ちなみに若木のうちから過度に開かせたり、

    生らせ過ぎたりすると樹勢が弱ってしまいます。



    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    NoTitle

    『若木のうちから過度に開かせたり、生らせ過ぎたりすると樹勢が弱ってしまいます。』

    グサリと来ました。
    その通りです。
    樹勢が弱るどころか枝折れが頻発しています。
    ある程度育つまでは立ち気味の方がいいですね。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    失敗から学ぶ事は多いですね。
    次々に失敗が起こります。
    それと柿一つにとっても折れ易い品種と折れ難い品種がありますね。
    今まで栽培してきた中で一番折れたのは甘秋です。
    よく、そこまで折れること!と、見事なまでに折れまくりました。
    先ずは幹、枝を太らせて、がっしりとした樹形にしてから生らせた方がよいかもしれません。
    折れ易い品種は枝を立気味にして、
    樹勢を強めにしてツンツンした枝を残すような剪定が理想に思います。
    話すのは簡単ですが実際にやってみると難しいですね。汗&笑

    こんにちは♪

    品種の特性を知ること、失敗から学んだ事を語るには
    三歳には経験が無さすぎですね(笑)

    現状を受け入れるといった感じで・・・・

    生るものは生る、
    淘汰されるものは淘汰される
    抗うことなく・・・・・そんな感じ(笑)

    モグちゃんのブログも30万アクセスを越えましたね。
    素晴らしいです!

    30万人目のヒトになって賞金をGETしようと思っていましたが
    300004人目の妖怪でした(笑)

    謙虚に、30万分のいくつを学べたか・・・・
    精進します^^

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    くゆらちゃんは昨年まで四歳だったのに今年は三歳になってしまいましたね。笑
    お陰様で私は四歳になりました。
    そう!
    逆転したんです!
    三歳と四歳とでは雲泥の差です。笑

    果樹も体調を崩すと成長しません。
    成長しない場合は何かしらの原因があります。
    失敗の経験は財産ですね。

    30万突破しましたか。
    自分で気づきませんでした。汗
    近年は皆さんとのブログの交流も殆どなく宣伝などもしていないので訪問者は少ないと思います。
    目立とうとすると訪問者数は増えますが最近は目立とうとも思わなくなりました。笑
    ですが、300004人目のくゆらさんには祝ってもらう事にします♪
    そうですね。
    祝金100万円、クユラ・ジャイアントコーン一年分、そんなもんで結構です。笑
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索