待ち箱設置

    待ち箱設置


    待ち箱の設置を行いました。

    skljtl021_e.jpg 

    今年は冬の間に多くの群れが消滅してしまいました。

    元気だった群れが徐々に減り始めて蜜を残して消滅するといった感じです。

    我が家の飼育群では今までにはない消滅の仕方です。

    おそらく原因は各地で問題視されているアカリンダニの影響かと思われます。

    近年、二ホンミツバチの飼育者の間で悩まされている問題です。

    とうとう我が家の群にもやってきた様です。

    アカリンダニはハチの気管内で生活し、

    繁殖して蜂を弱らせてしまう恐ろしいダニです。

    蜂から蜂へ伝染して広がります。

    確実な対策は今のところ無いようです。

    メントールを巣箱に入れるとよいとの事ですが、

    特効薬ではないようです。

    効果があるという人もいれば、効果がないという人もいます。

    もしかすると、

    これによって野生で営巣をしている二ホンミツバチにも影響があるかもしれません。

    今後はそんな心配も抱えての蜂飼いになります。











    設置前に巣箱をバーナーで炙ったりして、お日様消毒を行いました。

    skljtl009_e.jpg 











    実際に営巣していた巣箱なので誘引液などは塗りません。

    skljtl007_e.jpg 











    二ホンミツバチの飼育も数年経験すると、いろんな事が見えてきます。

    skljtl017_e.jpg 

    良い事ばかりではありません。

    今年は重苦しい雰囲気の中での待ち箱設置となりました。




    Guide
    •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
    •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
     

    ~ Comment ~

    こんにちは♪

    何に於いても、極めれば極める程、奥深く
    良くも悪くも、考えさせられ、悩まされることがあるようですね。

    二ホンミツバチの生息も
    昨今問われている農薬の影響をはじめ
    多難な時代になってきたということですね。

    二ホンミツバチが心地よく入居して欲しいですね。

    NoTitle

    北関東は日本蜜蜂が棲む環境としては良い場所だと思うのですが。

    増えては減っての繰り返しは疲れますね。
    地道な努力でしょうか。
    何がダメなのか蜜蜂から直接聞けると良いのですが。
    それが出きれば環境は保たれます。

    今年も分蜂に期待しましょう。

    Re:くゆらさん

    こんばんは。
    生き物を飼うという事は簡単な事ではありません。
    況してや野生動物は難しいです。
    二ホンミツバチはいろんな問題がありますね。
    農薬、天敵、今回のアカリンダニなど。
    人間も伝染病などで危機に陥る事がありますが、
    ミツバチの世界にもあるようです。
    アカリンダの問題は、何れは自然に治まるか、
    ミツバチ自体が耐性を持つようになるかもしれませんね。

    Re:日本一の果実さん

    こんばんは。
    隣町の蜂飼いさん達が一昨年辺りから、
    アカリンダニの致命的な被害を騒いでおられました。
    でも我が家の群は問題なかったのであまり気にしていなかったのですが、
    実際に被害に遭ってみると、これは深刻な問題だと感じました。
    実際に体験すると、事の重大さに改めて気付かされます。
    生き物を飼う事は楽しい事ばかりではありませんね。
      ※コメントの編集用
      シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    MENU anime_down3.gif

    同じカテゴリの記事が一覧表示されます
    同じタグの記事が一覧表示されます
    更新月別の記事が一覧表示されます
    キーワードで記事を検索